爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

20-08-01 出穂期

2020年08月01日 | 季節の移ろい

昨夜の雷雨はさほどの量を降らせることはなかったようです。
明けて8月1日、季節は進み周辺の水田はそろそろ出穂期。
今朝は爽やかな空気、梅雨前線は遠く東の洋上へと離れたようです。

先の1ヶ月はオラの残り少ないアユ釣り人生の中で、お天気のおかげでひたすら辛く無駄な日々を過ごしたことになります。
過度の日照不足と度重なる降雨増水、そして低水温は野アユたちを完膚なきまでに虐めぬいたようです。
解禁以来殆ど竿を出すこともなく魚影が消えてしまった川、累々たるアユの屍が沈む川、体表に明らかな病変を纏ったもの、梅雨が明けてもうじき平水復帰となる北東北河川ではそんな光景が展開されるのかもしれませぬ。

と言うことで、あまりの天気のよさに午後から雫石川へオトリ獲り。
13時から16時までの3時間、オラの得意とする御狩場を右往左往。
ザラ瀬は垢飛びですから流心に立ち込みヘチを狙う得意のスタイル。
一心不乱に丁寧な泳がせを試みるのですが、とうとう野アユの追いを感じることすら出来ませなんだ。
全く居ないのかと思えば微かにヒラ打ちが見えたりヘチで跳ねを見せたりします。
このエリアではどうも突っかけるパワーが落ちているとしか思えない状況です。
結局、なけなしのオトリを潰して今日もゼロ釣法。
果たして雫石川、忌まわしき冷水病から立ち直ることができるのでしょうか。
どうにもこのところ調子が上がらないオラなのでありますが・・・。

コメント   この記事についてブログを書く
« 20-07-31 キウイフルーツ | トップ | 20-08-02 つまらない夏 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事