爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

18-11-22 二十四節気小雪

2018年11月22日 | 季節の移ろい



里に小雪が舞う季節、二十四節気小雪である。
平地の雪は見られなかったが、目の前の里山には僅かながら積雪が見られる。
遅れていた季節感がようやく暦に追いついてきたと言うところであろうか。
陽射しがないだけに寒さは厳しく、日中でももう2桁は望むべくもない。
週間予報欄に雪マークが頻繁に現われるようになってきた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 18-11-21 初雪 | トップ | 18-11-23 勤労感謝の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (papa)
2018-11-23 09:08:32
 ご無沙汰してます。
一昨日の朝、初雪を見たかと思えば今朝は、断続的な降雪で真っ白。
もしかしてこのまま根雪に、なーんて事にはならないとは思えど、一夜にして真冬の景色に体と心が着いていかないです。
ワカ様はいつ解禁になるのか、さっぱり予想がつきません。
冬将軍 (管理人)
2018-11-23 10:38:56
勤労感謝の日は小雪の舞う寒い一日です。
日中の予想も5℃、遅れてやってきた寒さですが、ようやく平年並みの気候に近づきつつあります。
寒さには強かった身体も老いと共にかなり辛くなってきました。
それでもやっぱり冬の寒さがなくては夏の暑さもない訳で、衰えた体幹を遅ればせながら鍛えながら我慢の季節を過ごしております。

この冬の岩洞湖は水位が随分下がっており、結氷はさほど遅れることはなさそうですが、湖面への昇り降りには苦労しそうです。

コメントを投稿

季節の移ろい」カテゴリの最新記事