爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

06-11-19(日) 冬そこまで

2006年11月19日 | インポート



裏の田圃は一面の霜、水溜りは凍り、作物の収穫が済んだ畑には見事な霜柱が立ちます。
少しばかり残っていた街路樹の葉が、霜を帯びて風もないのにハラハラと散っております。
すっかり裸になってしまった庭木の間を、10羽ほどのオナガが奇声を発して群れながら、隣家の庭へと移動して行きました。
厚く積もった落ち葉をさらに掃き寄せて、屋外で冬を越させる鉢植えの被いにいたします。
もう我が家における秋の名残なんぞは殆ど見えなくなって、野鳥のためにと数個残したカキの実ぐらいのものでしょう。
冬は駆け足で、あの里山の向こうまでやって来ているのです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 06-11-18(土) 腰痛 | トップ | 06-11-20(月) 雨です。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事