爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

18-02-15 仰天の積雪

2018年02月15日 | ウダウダ日記



 

厳しい寒さはあっても、決して雪国ではない岩手県。
しかし昨日からの雪は、北陸の豪雪を思わせる降りであった。
今朝方カーテンの隙間から恐る恐る覗く庭先の景色は、仰天の雪国そのもの。
積雪は少ない箇所で45センチ、踏み跡のない箇所なら60センチを超えている。
当地域に住み着いて50年、積雪の中からクルマを掘り起こす作業は初めての経験。
重く湿った雪を相手に爺婆がヘロヘロになっての除雪作業。
雪ベラで2掻きしては冬晴れの空を仰ぎ、近頃の体力の衰えを嘆きながら腰をさすり息を整えるオラ。
終いには大きく雪を跳ね上げる力も出せず、ワカサギそりを持ち出して舗道際に排雪。
正午現在、雪焼けで鼻の頭を赤くしたのに、表の車道への出入り口までは未だ達してはいない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18-02-14 大雪の様相 | トップ | 18-02-16 最後の寒波か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ウダウダ日記」カテゴリの最新記事