爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

14-02-06(木) ついに氷点下2桁

2014年02月06日 | ウダウダ日記



放射冷却の朝は-12℃、この冬の最低気温である。
足跡が形を留めないほどのさらさら乾燥粉雪を踏んで、周辺を少し歩いてみた。
さすがに露出した皮膚が刺されるように痛み、息をすると鼻の奥にも痛みが走る寒さであった。
室内にあっては水周りが何箇所かで凍結、朝のうちに解凍作業。
今日もまた油断していると、日中でも再凍結しそうな真冬日となった。
明日までが寒波のピーク、こんなことはもう何度もないだろうが・・・。

渓流解禁に備えて、少し躊躇したもののやっぱり県内共通遊漁証を申し込んだ。
2万何がしを投資して、全く元が取れないと嘆きながらも数10年間休まず買い続けた遊漁証。
悩んだ末に購入を見送った一昨年だけが、皮肉にも絶好調で推移したと言う悔しい思いがあったし・・・。
さて今年は如何なる年であろうか、震災以後ヒカリの釣況予測が困難になっているが・・・。

コメント