爺つぁま日記

北緯40度北東北の美しい自然と爺つぁまが行く四季の釣り

09-08-12(水) 米代本流を1時間

2009年08月12日 | アユ釣り



ぶ厚い雨雲の下の大米代川は高水白濁、思わず尻込みしそうな不気味な流れだ。
見渡す限り釣り人の姿皆無の光景は、シーズン真っ盛り正午の銀杏橋にはまるで相応しくない。
今日の水位では瀬の核心部に迫ることは出来ないが、折角来たのだからと1時間ほど右岸際のトロを攻めてみることにした。
短竿7.5m、フロロ0175、6.5号3本イカリ、オトリは阿仁川の1匹だけ。
粕毛の濁りで透明度は20センチ前後、慎重に足を運び目の前の波立ちへオトリを送り出す。
ややあって、目印が不規則に揺れながらシモに流れる。
掛かったのは色白12センチの貧弱アユ。
その貧弱アユに替えて、ポツポツと同サイズが掛かるが勢いはまるで弱くつまらない。
少し沖にでてフロロに強い流勢を受けながら石裏で初めてのいいアタリ。
だがそいつは姿を見せないまま流れに乗って高切れした。

かくして今季初米代は実釣1.5時間、カウント外サイズばかり11尾。
オラはすごすごとHG阿仁川へと移動した。
 

 

コメント