おはようございます、龍ちゃんです

何も考えていません、とにかく始めます

彼女と先輩、その14、申し訳ない

2017-05-31 21:47:58 | 彼女と先輩

天使のぷるまん

新品価格
¥1,860から
(2017/5/31 11:28時点)




どこでもプニまんDX

新品価格
¥3,784から
(2017/5/31 11:28時点)




彼女と先輩、その14、申し訳ない。

俺はさ、慣れているから。

諦めが早いの。

さあ、のものも」

「あの…」

「なんだい?」

「僕がアタックしても良いですか?」

「へっつ?そりゃあ自由だけどさ。

彼女、当分恋愛は良いって言っているんだろう?」

「はあ。いや、今すぐにと言うわけじゃなくって」

「それは、俺がどうのこうのと言える立場じゃないよ」

なんとか納得してもらい、後は高橋の女性観をたっぷりと

聞かされました。

が、流石にご馳走になるわけにも行かず、割り勘を申し出ましたが、

勘定は結局、高橋が持ってくれました。

「なあ、俺ってこんなに気風が良いのに、

分ってくれるおんながいないの…」

なんか、寂しそうでした。

私の引越しなどで、高橋とは徐々に疎遠になりました。

随分後で聞いた話ですが、商社を辞めるとマッサージの勉強をはじめ、

資格を取得したそうです。

そして、生まれ故郷である九州に帰りマッサージの

店を開いたと言うことですが、

それ以降のことは分っていません。

次は、八千代です。

早紀とのことは、特に八千代にも言っていませんでした。

しばらくして、八千代から連絡があり、大阪に行くと言うのです。

早紀も一緒と言うことですが…。

で、帰ってくると呼び出され、話を聞くと

「大阪の彼とは、決着を付けて来た」

「決着?」

「別れて来たの…、と言ってもあなたも知っての通り、

きちんと付き合っていたわけじゃないけれど」

「あっ、そうなんだ」

不思議です。

なぜわざわざ私を呼んだのでしょう。

「前に、付き合おうかって言ってくれたでしょ?

その気持ち、まだ変わってない?」

「えっ?」

「こんなおんなですが、よろしくお願いします」

「えっ!?」

「どうしたの?

そんなに驚いた顔をして…」

「いや…、あの…」

「おかしいわよ」

「ごめん。、早紀と付き合ってる…」

「えっ?早紀、何も言ってなかったわよ。

高橋さんとは、付き合わないようになったって言うのは聞いたけれど」

「ごめん。君には、もう少し経ってから言おうと思っていたんだ」

「なあんだ、そうなの…。おい、古林、そう言うことは早く言え!

私大阪まで行って断ってきて、バッカみたいじゃん」

「ごめん…」

「まあ、しょうがないかあ。

私が、はっきりしなかったのが悪いんだよね…。

よおし、今夜は飲むぞ~。

おいこら古林!早紀も呼べ!」

「酔っているの?飲んでないのに」

おかしな関係になってしまった八千代は、

全面的に私たちふたりをバックアップしてくれると言うのです。

高橋含め、当時私たちは近くに住んでいましたが、

しばらくして私は杉並に越しました。

と言うことで、八千代とも疎遠になり、早紀と別れてから久しぶりに

再会することになるのですが、今考えてみればみんな変な縁で

結ばれていたのかも知れません。

おっぱいせんせい

新品価格
¥5,376から
(2017/5/31 11:45時点)




リアルボディDカップ SK-027 二穴構造 OLボディ7.5kg

新品価格
¥16,900から
(2017/5/31 11:45時点)




尻女子。しりガール

新品価格
¥12,300から
(2017/5/31 11:46時点)




ぼでぃ~ぷにゅぷにゅ

新品価格
¥24,476から
(2017/5/31 11:46時点)






この記事についてブログを書く
« 彼女と先輩、その13、過去 | トップ | 彼女と後輩、その15,おねだり... »

彼女と先輩」カテゴリの最新記事