ころんの暮らし

おばちゃん街道まっしぐら!まともに動くのは口だけ♪

アラ還 

2020年03月30日 | 日記
昨年の11月に友達から還暦の同級会を開くので
その前に村の同級生で会って
還暦まで若干あるけど
話をしようと言われ
村在住の同級生だけで会うことになりました

行く前に 私的には私生活がとても大変な時期でしたし
私の大変さ(気の毒感)を 
おそらく何人かは知っているはずと思ったので
気乗りはしませんでしたが
すでに何人かの連絡も頼まれたり
友人に会について相談も受けていたので
勇気を出して行きました

どうかみんなが私の家の事を聞かないように
その話題にならないように
祈りながら・・

そして会場に着くと
20名ほど来ていて
ばっちり司会者もいて
会は始まりました
すると司会者から 何の前触れもなく
各部落から役員さんを出してもらうんだけど
幹事長は ころんがいいと思うけどどう?と
へ?なんつった今? ころんだと?
みんな私を見てる!
一瞬ポカンとなったけど・・
次の瞬間 
おめらー!ふざんけんじゃねぇよ!と言ってしまった
その後司会者のY君に 
Y君でいいじゃん!なんで幹事長やらないの?と問うと
俺 字読めないから~と するっと逃げられ
結局・・受けることになってしまった
現在まで同級会3回中 幹事長2回(;'∀')
でも今回は家庭の事情が不憫すぎて
みんな後から我が家の状況を聞いたら
何て思うだろう?と気になったけど
言うわけにもいかず・・
(帰って主人に言ったら呆れられた)

でもこの日はみんな久しぶりでとても楽しかった
やはり同級生っていいな!と思った
亡くなってしまった同級生もいて
元気なうちに話したかったと残念にも思った

結婚してオーストラリアで暮らすHちゃん
以前はブリスベンの総領事館に居て
こっちに来たら連絡してと言ってくれてたけど
ちょうど今 村に居る そしてもうちょっとで帰国する
だから同級生一同で会おうと約束したけど
ウィルスが・・

いつかこの危機に勝って
元気にみんなで会える日が来ると信じて
がんばろう!


コメント

外食に・・

2020年03月29日 | 日記
ウィルスも心配なので行きたくなかったけれど
地区の祭事の当番になっているので
その当番さん達と食事しました
一番年下なので・・
食事会をしたレストラン?には
結構おじさん達が居てびっくりしました
当番さんの中には 
1人で家で食事する時は面倒なので
レストラン(食堂)で食べるとおしゃった女性もいて
その女性は続けて お弁当も嫌じゃん!とおしゃっていました
私は一人で村中で外食をするって勇気はまったくないので
すごいなーと思いました
会議がほぼ終わったので食事を頼みました
中に いつも夕飯はご飯を食べないという方がいて
その方 唐揚げだけ頼みました
私がメニューをチラッとみたら605円
私達のお蕎麦は900円位←これも高いような気がしましたが
そして唐揚げが来ました
唐揚げ 5個+レモン1切れ
高くねぇ?
普段ほとんど外食しない私はびっくりしましたが
他の3人は普通みたいな反応で
驚いたことにここよりあっちはまだ高いと
他の某食堂のことを言っていました
私はその某食堂 自分の住んでいる地区にあるのに
未だに行ったことがありません
帰り際 お店の中に沢山のお酒のボトルがありました
みんなリッチだな~と思いました
補足 唐揚げの彼女はその後 足りないと言って
天ぷら蕎麦を頼んでいました

コメント

東御市のパン屋さん

2020年03月24日 | 食べ歩き
週刊さくだいら新聞に出ていたお店
クリシェとダーチャに行ってみました
(大分前ですが(*'▽'))
お目当てはレーズンパン
家族がレーズンパンを好きなので
パン屋さんに行くと取りあえずレーズンパンを買います
スーパーマーケットでもコンビニでも
パンを買う時は必ずレーズンパンも買う
無いときは仕方ないけど
そんなレーズンパンオタクなので
さくだいら新聞を見た時は
これは行かねばと思っていました
1斤で買って 食べきれない分は冷凍します
最初に行ったお店は ダーチャ
新聞では 一押しがレーズンパンとありましたので
迷わず1斤買おうと中に入ると
レーズンパンありませんでした

でもめげずに店員さんにレーズンパンがあるか聞いてみると
なんと焼きたて!
焼きたてなので切れませんけど~と言いながら
出してきてくれました
ふかふかです

次に向かったのは クリシェ
こちらのお店は新聞のパン写真がバゲットでした
お店はこんな感じです



林マヤさん似のとても感じの良い方が対応してくれました
角食のレーズンパンを発見しましたが
いくら冷凍するとは言え
ダーチャでも買ってきたので
小さいレーズンパンでいいかなぁと思い
角食のレーズンパンと同じ生地か聞いてみると
同じですよと言われたので小さい方を頼みました
すると後から来た地元の方らしきご婦人が
レーズンパン残ってる?
3斤欲しいんだけどと矢継ぎ早に
大丈夫です・・ちょうど3斤ありますとおっしゃって
私の目の前でレーズンパン3斤売れました
3斤一気に買うって 相当美味しいんだろうなと思いました

家に着いて取りあえず写真を撮りました



左がダーチャで右がクリシェです
クリシェではケーキも売っています
チョコケーキ1個買ってみました



パンはどちらも美味しかったです
ダーチャのパンは次の日も柔らかくて
クリシェのパンもチーズクリームずっしりでお値段以上でした
チョコケーキは甘さが控えめでとても食べやすかったです

以前にも記事にしたかもしれませんが
普段いる部屋のキッチンにはオーブントースターがありません

置く所が無いので悩んでいると
電子レンジにトースター機能が付いているタイプがあることを知り
その電子レンジを買ってみました←有名メーカーです
ところがこのレンジのトースター機能まったく上手に使えません
いろんな方法を試すも失敗ばかりなので
もうパンを食べないと言う選択しかないかと思っていたら
NHKで放送していた
人と暮らしと台所と言う番組の中で
鉄のフライパンで
冷凍しておいたパンを焼き食べている方が出ていて
めちゃくちゃ美味しそうだったので試してみたら
結構上手に焼けます!
それからは古くなったフライパンを捨てないでおいて
パンを焼く専用のフライパンにして
パンを食べる!ということになりました
冷凍パンをフライパンに入れたら
ホイルでふたをして両面焼きます
お試しあれ~








コメント (4)

二人前食べれる自分

2020年03月22日 | 日記
以前にも記事でこぼしてきたけど
相変わらず相方には 参る
段々に待機が飽きてきたのか
頻繁にゴルフ&飲み会に出かける
ご飯を作る手間が減るので ありがたいことだけど
前の晩とかに急に 明日は居ないと言うので
毎回 もっと早く言ってくれと頼むんだけど~
そしてA氏が絡むときは 大抵帰宅が当日ではない
おじいさん(義父)が生きていた頃
昼は遊びで夜は飲み会 無論当日中には帰ってこないので
一度おじいさんの居る前で 
おじいさんのご飯を作ってから出かけろ!と怒ったら
おじいさんが とても小さくなって謝って来て・・
今でもおじいさんに悪いことをしたと思い出す

そして現在・・
やはり人間・・変れるものではないと痛感する
どこに行けばあんな時間まで飲んでいられるのか
一度聞いてみたい!←行くんかい?('◇')ゞ
そして今日の本題
本題は遅くまで飲んでるということでなく
出かけると言う事を伝えて欲しいと言う事
我が家のお彼岸は お嫁に来た時から
お彼岸中に仏さまに供える物が決まっていて
ほぼ毎日 今日は天ぷら~明日はおだんご~みたいな
それでその日はお寿司を供える日で
 従妹の納骨もある日だったので
出かける前に 納骨から帰ってきたらお寿司を買いに行くので
お昼は適当に食べてと言って出かけた
その後 いとこの家で叔母さんが
沢山の食べ物を用意してくれていて
お弁当もいただき そこに出してもらったお料理も
沢山もらってきた
まぁ私はお弁当の残りもあるので
一人分だけお寿司を買ってきた
それで家でちまちま家事をしていて
あれぇ?相方 どこ行った?と思って辺りを見回す
居ない・・・ 
そして夕方~夜 
今日はお寿司なのに~ 現れず
暫くして なんか出かけてるんじゃないかと気づく
勿論連絡一切無し!でも私から聞くのも癪なので

いつもしょぼい食事なので
お寿司を食べさせてやりたくて
もし帰って来て 
あぁ~お寿司今食べちゃったよ~みたいなことがないように待ってみた
そんな優しい心は 意味がなかった
食べ始める PM7時30分
今日もまた二人分を一人で食べる

食事を出してもらってる人は
自分の食べたい物を食べれないかもしれないけど
食事を作るのは 予定をたてて買い物をして
自分の時間を削って作っている人が居ることを
わからせてやりたい!

無事お寿司とお弁当の残りを食べたが
どうにも気がおさまらないので
近くのお店でチョコモナカジャンボを買い
帰って来て アイスを食べながら 皆さんのブログを見る
ほっとする・・
そしてこの後 珍しく その日のうちに帰ってきた
スッピンで文句をこれでもかと言う位言ってやった
↑ブログでほっとしたはずなのに

そう言えば昨夜見たブログで 義妹にもらった
アンリ・シャルパンティエのフィナンシェ↓が美味しいと知った



私があまり食べないうちに 少しになっていた
外食&呑みで栄養を付けている相方には必要ないので
急いで私専用にしてみた
そして相方は今日は会議とのこと
一応報告されたが 
作るとまた悲しい思いをするので
こういう日はもう作らないで 帰って来たら
カップラーメンでも食べろと言おう!

コメント

手作りマスク・ベトナムマスク

2020年03月20日 | パッチワーク&布小物
前に作ったマスクが息苦しくてダメなので
ネットでいろいろ調べたら 
ベトナムマスクと言うのが良いとあったので
作ってみました

キャシー中島さんもインスタグラムで
動画UPした時の型もこれでした
型紙はキットを買わないとわからないので
何回か試行錯誤して サイズを考えてみました

私の作った物の型紙サイズ 参考になれば



仕上がり実寸 横11cm  縦13.5cm位?
毎回折るのがいい加減だったりするので
大きさはその都度若干変わります
(私は顔が大きいのでだいたいこんな感じです)
ちなみに実寸 横10cm 縦12.5cm位の仕上がり希望の場合は
縦横型紙から1cm減らしたサイズで作ればいいと思います
このサイズの方が一般的かもしれません

ここからは作り方です 今日は写真すごく多いです
まず型紙に縫い代1cmを付けて布を切ります



この時 総柄なら 前の鼻の部分は わで切ってもいいです
今回は柄を考えて型紙を置いてみました
わで無いときは 型紙を1枚取ったら 
型紙裏返してもう1枚取ります(右面と左面)
表になる布は普通の国産コットン布を使いました
裏になる部分はダブルガーゼ?
いつものガーゼ手拭いです



型紙+縫い代で切ったら 初めは表と裏 別々に縫います
表布の前鼻部分①を中表にして縫います
裏布も同様に①鼻の部分を縫います
ここで私はほつれ止めでロックミシンをかけます
↑なくても大丈夫だと思いますが・・
毎日試行錯誤していたら
ロックミシンの針折れました 😵



表と裏 どちらも前鼻部分が縫えたら
表布の上に裏布をこんな感じで合わせます↓



ここで表布のゴムを通す部分を折ってみて
それより少し裏布が少なくなるように裏布を調整します
紙などを入れる口部分になります
仕上がりがこんな感じになるので



裏布が表よりちょっと短い感じです
裏の型紙を取る時 初めから短く切って縫ってみたら
仕上がった時 裏が大分短くなってしまって
ウィルスが侵入しそうだったので(布マスクは防げないそうですが・・)
鼻前部分を縫ってから 
裏布の長さを決める方がちょうどいい長さにできます

裏布の紙入れ口を三折りor普通に折り返して縫います
今回私は 右ロックミシンで折り返し 左三つ折り縫いです



入れ口部分なので ここはほつれないように縫う方がいいと思います
表と裏を中表に合わせて 一度サイズ確認します
縫い代5mm位に切り落とします
表と裏の縫い代(鼻部分)は片倒しにしてそれぞれ違う向きに倒します
この時 裏布のガーゼ縫い線
印より少し内側に待ち針を打ちます



ガーゼが伸びるせいか 内側になるせいかわかりませんが
線同士で合わせると裏布がもたつきます
少しずらす方がもたつきません
表と裏を合わせて 上も下も縫います

少し切り込みも入れます(入れなくても支障ないです)



縫い終わったら 上になる部分にワイヤーを付けます
↓ここからは私流です
まず私はワイヤーの色が緑なので裏布に隠れるように付けます
その時 手芸用ボンドを使います
使い方はこんな感じ↓



そこにワイヤーを載せて



上からアイロンを当てます



ワイヤーがはずれないように押さえながら表に返します
返したらアイロンをかけます
表に裏布が出ないようにかけます



アイロン終わったらワイヤーが良い感じの位置か確認して
ワイヤーの横をミシンで押さえます
(写真撮り忘れました('◇')ゞ)

裏布 紙入れ口を縫わないよう気を付けながら
ゴム入れ部分を縫います



裏を見て縫えば簡単ですが 表をきれいに縫いたいので
テープを使って表側から縫います



テープを使って縫う動画 確かこんな使い方だったような~
よくわかってないけどテープ使ってます

縫い終わったらゴムを入れて完成です
ゴム*初めは丸ゴムを使ったのですが
終ってしまったので 
皆さんの作り方を見たら
ストッキングとかTシャツを切って代用できると知ったので
裾を直そうと思っていた下着を使ってみました

ストレッチ布です



幅2cm ×長さ19cm で片耳できます



横幅広いので脇から脇で2本取れました



太っていてラッキーでした!
ゴム部分です



これもボンドで付けてから縫います←私流
何度かビヨンビヨンすると丸まります



裏は左右に入れ口があります



私がいつも使っているボンドは



横のガムテープ これも必需品
糸くずを取るのに便利ですよ
ボンドはとても便利ですが 
手縫いだと針通りが悪いので
ミシンで縫う人におすすめです
型紙は縦横調整して使ってみてください
私は小顔効果を狙って 下側も結構カーブさせてます



参考まで



コメント (2)