邂逅つづり

たゆたうボクのあるがまま

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ただ一度、ただひとつ

2016-10-17 14:30:00 | 日記
儚くも嬉しいかな

嬉しくも哀しいかな

僕らの人生
たった一度だけの奇跡

諦めるより
とにかく生きてみる

ただ生きてみる

僕もあなたも
この世に代わりはいない

いつか僕ら出逢えるために

逢いたい人にあうために

諦めてしまうまえに

僕をあなたを
待ってる人がいる

その人のために

儚くも尊い
たった一つの命を
もう一度信じてみよう
コメント

自分の為に

2016-10-03 20:52:49 | 日記

誰かの為にって
おもうことが

自分の為になっている。

他人を優先しようとすれば
見返りを求めてしまう
哀しき人間よ

全て頭で考えるのをやめて

ただ心の感じるまま
想うまま
何かをすれば

自分の為にって
おもうことが

誰かの為になっていく。
コメント

心音

2016-09-15 18:36:36 | 日記

距離や立場は関係なく

繋ぎたいものがあった

まずは自分を愛することから
はじめてみた

なかなか難しい
けれども

いい意味で妥協してみると
自分を受け入れられるようになって
今までのことも受け入れられるようになって


気づけばそれが色々な縁になって

繋がっていった。

コメント

ReBorn

2016-08-29 12:45:54 | 日記

もう一度
思い出そう

忘れもの
取りこぼしてしまったもの
拾い上げよう

自分の人生

たった一度の

大切な命

いつでもやり直せる
いつからでも始められる

甦れ
美しき僕らの心よ
コメント

日々感じること

2016-08-27 18:26:44 | 日記

彼らの瞳に映る僕の存在は

どのようにみえるのだろう


善人とか
悪人とかは
僕にとって
重要な話ではなくて

ただ、失礼な人間ではないかと
時折危惧してしまう

中途半端に同情や憐れみを注ぐ位なら
いっそ悪人でいるほうが
潔くて良いのかもしれない

僕の存在が彼らにとって
少なからず何かに関わっているのは確かで

であればなお、
お互い刺激的で生を感じられるような立場でいたい

喜怒哀楽をふんだんに使った
関係は
あらゆる壁を越えるように思う。
コメント