gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レストラン・サンサーラ 野呂高原ブルーベリー

2018-10-25 12:56:11 | 日記

2018年08月21日

谷澤不二松を中心とする収蔵品展 開幕!

谷澤不二松等収蔵品展 開幕!

終戦記念日、8月15日から、戦死した漆芸作家谷澤不二松の作品を中心とする収蔵品展を開催しています。今回は不二松作品に加え、玉楮象谷・玉楮蔵谷の木彫作品(高松藩主が使用したと思われる作品)、大名道具の燭台・弁当箱・手炙り・重箱などを展示しています。江戸の優雅な世界を堪能してください。また、今年度に展示会を行った、村尾晃・小倉敏江の作品、小倉敏江の師匠にあたる伊藤裕司(日本芸術院会員・日展顧問)・山田芳信の作品も引き続き展示しています。

谷澤不二松 作品3点

本館が収蔵する谷澤不二松作品は、東京在住の本多民子様からご寄贈いただいた作品です。厳重に保管することと年に何回かの公開がご希望でした。毎年、終戦記念日前後に公開しています。

谷澤不二松 作品3点


谷澤不二松 「ソバの図」

谷澤不二松、昭和18年の文展入選作です。現在残る不二松作品の中では極めて重要な位置を占める作品です。抽象化した蕎麦と具象のイタチがのコントラストが素晴らしい。見飽きることのない、また、技法も類まれなものです。ぜひ、ご覧ください。

谷澤不二松 「ソバの図」2


弁当箱(津軽塗)

津軽塗の弁当箱。重箱が4つと三角の重箱が1つ、そして、三角の取り皿が5つ。コンパクトに収納されています。大名級の方々が花見や観劇に持参したのではないでしょうか。江戸の美の優雅さを感じさせる作品です。

弁当箱(津軽塗)


木地蒔絵手炙り

高松松平藩の別荘にあった物です。殿様が冬に手を炙っていたのでないでしょうか。木地蒔絵が素晴らしいです。

木地蒔絵手炙り


螺鈿重箱

厚貝を前面に埋め込んだ重箱です。表面を平らにするために漆を塗りこんでいます。使用感がありますが、素晴らしい重箱です。

螺鈿重箱



谷澤不二松を中心とする収蔵品展
〇期間 8月15日(水)~9月4日(火)
  ただし、8月22日~30日、休館です。
〇時間 9時~17時(最終入場時間)
〇入場 無料
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レストラン・サンサーラ 野呂... | トップ | レストラン・サンサーラ 野呂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事