消費期限終了

リタイアーのよもやま話

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三木谷曲線

2009-09-11 12:22:55 | 読書
成功の法則 92カ条 著者 三木谷 出版社 浩史 幻冬舎

三木谷曲線なるものを提唱している。
面白い発想だと思った。

最近、わたしは、指数関数に興味を持っている。どこか、似ている
ところがある。







第五章 0.5%の努力の差がクオリティを左右する。 

三木谷曲線

限界まで頑張ることは、誰にでもできる。 限界まで頑張ったその上に、さらに0.5%努力を重ねられるかどうか。

これが、大きな差を産む。



複利のグラフ






指数関数のグラフ



わたしは、最近指数関数に拘っている。

y軸の1を越えた時点で、グラフが急上昇しているのが
読み取れる。

理解しやすさが好きである。
この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 中国とインドが払うツケ | トップ | 病院・開業医の倒産、昨年の... »
最新の画像もっと見る

読書」カテゴリの最新記事