広島県被爆二世・三世の会活動日記

広島県被爆二世・三世の会の日々の活動状況を報告します。

平和大通りまで賑わいの場所に?

2020-11-30 12:56:18 | 日記

平和大通りは今は道路ですが、そこを公園にしてカフェなどを作って観光客などを呼び込むとして広島市は計画していますが、私たちは反対しています。

理由はつぎのとおりです

①この場所は、大勢の女学生、中学生が火災の防火帯づくりで建物を壊し(建物疎開)ていて被爆し、大勢の人たちが亡くなった場所である。

②戦後「平和都市建設法」では平和公園とともに平和を希求する場所とした。

③その法律で住民が立ち退きをした。中には大きなお寺等もあった。

④緑地帯には沢山の慰霊碑がある。

⑤札幌大通公園、名古屋テレビ塔公園などとは異なり真ん中に車道がある。

⑥平和公園には大勢の観光客が来るが、わざわざ外れた場所にお茶しに来るとは考えられない。

⑦道路ならトイレやベンチが設置できないというが、それとカフェを作る事とは無関係。

⑧清掃とか、碑の管理を管理を業者にさせるというが、それこそ広島の役目ではないか。

等々で28日に広島市観光課と話し合いましたが、広島市は「今でも碑の管理者が解らないものがあり、今後100年後にはどうなっているかわからない」などと言いながら、突然に「今日は若い人がまったくいない」と言い出して「暴言だ!取り消せ!」と抗議の嵐になる場面もありました。

この広島市の姿勢は「自助、共助、公助」と言い切った、今の菅総理大臣の「無責任な態度」そのものです。

また、今は観光客もなく、コロナ後にどうなるかもわからない時に、税金を使ってほしくありません。

コメント   この記事についてブログを書く
« 平和大通りのイルミネーショ... | トップ | 広島もコロナが »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事