農園名 野呂高原ブルーベリー 農園主 中別府幸二

広島県呉市安浦町中畑510-199
連絡先
TEL. 090-7169-5021 FAX. 0823-87-0012

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

野呂高原ブルーベリー

2018-03-26 16:10:34 | 日記
山羊をめぐる情勢
1 山羊をめぐる情勢
我が国の山羊飼養は、自家消費の乳用として1、2頭飼いが主流であった
ものが、近年は生乳・乳製品販売のために多頭飼いし商業的に取り扱う農家
も出てきている。山羊乳については、その機能性(低アレルギー、高タウリ
ン等)により注目が高まり、近年、機能性の研究開発が行われている。飼養
頭数は、約○万頭(平成26年)である。山羊肉については、年間約300トン(平
成24年)の需要があるが、そのうち国内生産は約56トンと全体需要の約18%
である。
2 これまでの改良の取組
山羊の改良は、昭和 10 年代から 30 年代までに乳用の利用を目的としてザ
ーネン種の種畜導入が図られ、国(現独立行政法人家畜改良センター)及び
都道府県において行われた研究、系統造成、種山羊の民間への配布により、
泌乳能力等の改良及び繁殖技術の開発が図られ、日本ザーネン種が作出され
た。昭和 40 年代後半以降は、国(現独立行政法人家畜改良センター)を中心
に種畜の配布が継続的に行われ、昭和 59 年からは、凍結精液の作成・配布も
行われている。
近年、沖縄県では肉用種であるボア種、独立行政法人家畜改良センターで
は乳用種であるザーネン種をニュージーランドから導入し、これらを基にし
た種畜生産が進められている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 野呂高原ブルーベリー | トップ | 野呂高原ブルーベリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事