農園名 野呂高原ブルーベリー 農園主 中別府幸二

広島県呉市安浦町中畑510-199
連絡先
TEL. 090-7169-5021 FAX. 0823-87-0012

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レストラン・サンサーラ 野呂高原ブルーベリー

2018-10-24 12:36:33 | 日記

 

Newsweek.com
 
本誌紹介
お得な定期購読

最新記事
コラム一覧
ニュース速報
ランキング

Newsweek

ワールド
ビジネス
テクノロジー
カルチャー
ライフスタイル
キャリア
for WOMAN

注目のキーワード
サウジアラビア
トランプ
ロシア
中国
EU離脱
ホーキング
キャリア
ライフスタイル

HOME 最新記事 ワールド 国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の…

バイキング放送後、大反響!9割の人が実感したダイエット法とは!?
最新記事
国交断絶

Prev
1
2
3
Next

国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

Will Qatar’s Diplomatic Exile Spark the Next Great War?
2017年6月7日(水)08時00分
サイモン・ヘンダーソン

464
330

ハッキングが本当だとすれば、イランの仕業だった可能性もある。そもそもイランは、5月20日にサウジアラビアの首都リヤドを訪問したドナルド・トランプ米大統領が、サウジのサルマン国王をはじめとするイスラム教スンニ派諸国を中心とした50カ国超の首脳らと会合を開き、イランを名指しで批判したことに腹を立てていた。

カタールにしてみれば、同じ湾岸協力会議(GCC)の加盟国でありながら、昔から不仲だったサウジアラビアやUAEの陰謀で、まんまと吊し上げられた格好だ。

サウジアラビアから見れば、同じイスラム教ワッハーブ派を国教とする君主制国家でありながら、女性が自由に車を運転し、外国人なら飲酒も許されるカタールは中東地域の問題児で面汚しだ。一方カタールから見れば、サウジアラビアの方こそワッハーブ派の評判を落とす元凶だ。

UAEは、エジプトのムバラク独裁体制を打倒する力となったイスラム原理主義団体ムスリム同胞団を禁止しており、それを支援するカタールを嫌悪している。

2014年にも、カタールがムスリム同胞団を支援したという理由でサウジアラビアなど3カ国が大使を召還し、外交関係に亀裂が入ったことがある。
カタール前首長の暗殺計画

だが今回の断交の発端は、それ以前の1995年まで遡る。その年、カタールの皇太子だったハマド(タミムの父)が、外遊中だった無能の父ハリファを退けて首長の座を奪ったのだ。

カタールで起きた宮殿クーデターを目の当たりにしたサウジアラビアとUAEは、湾岸諸国の王制の安泰を揺るがす危険な前例として、ハマドの失脚を画策した。

当時カタールに駐在していた外交筋によれば、2国は数百人の部族民に対してハマドと彼の2人の兄弟、および外相とエネルギー相を暗殺するよう命じ、ハリファの復権を狙った。

UAEは、攻撃用ヘリコプターや戦闘機を待機させるほどの力の入れようだった。だが作戦の数時間前に部族の1人が寝返ったため、暗殺は実行されなかった。

こうした因縁を思えば、タミムが両国に対して疑心暗鬼になるのも無理はない。

カタールは人口約200万人(うちカタール国籍はざっと10分の1)という小国なのに、なぜそれほど重要なのか。カタール在住の外国人にとっても、なかなか実態は掴みにくい。夜のドーハでライトアップされた高層ビル群は壮観だが、ビルの中はしばしばガラガラ。だが1人当たり国民所得は世界一高い。天然ガスの埋蔵量は世界3位で、輸出先はイギリスから日本まで幅広い。アメリカの中東最大の空軍基地であるアルウデイド空軍基地もカタールにあり、アフガニスタン戦争やイラク戦争でもここから戦闘機が出撃した。今はISIS(自称イスラム国)掃討作戦の出撃拠点になっている。

【参考記事】カタールW杯が出稼ぎ労働者を殺す
次のページ イランと手を組ませるな

前のページ
1
2
3
次のページ

今、あなたにオススメ
結婚するまで「生理」の存在さえ知らなかった男たち──大...
2018.10.2
人間の脳を食べるアメーバに感染、米サーファーが死亡
2018.10.4
小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇
2018.10.5
ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷...
2018.10.13
暴力、体と性、労働と経済......ドイツの100年を超...
2018.10.19
軟骨のすり減りで辛いふしぶしには、グルコサミンでなくあ...
PR(北国の恵み)
ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍光ペン...
2018.10.23
旨味がぜんぜん違う!大自然に恵まれたふくしまの食を堪能
PR(TEPCO on antenna*)
Content X powered by
関連記事

トランプのエルサレム認定 「次」に起こる危機とサウジの影 2018.01.10
トランプの卑小さを露呈させた暴露本「炎と怒り」 2018.01.10
トランプ政権の暴露本が、ここまで話題になる理由 2018.01.09
「北を支援」中共機密文書は偽造 2018.01.06

関連ワード

UAE
イスラム教
イラン
カタール
サウジアラビア
テロ
トランプ
中東
米外交
米軍事

ニュース速報

ビジネス
前場の日経平均は続落、日米の企業決算や不安定なアジ
2018.10.24

ワールド
米国の核廃棄条約破棄、軍拡競争招けば米中間の緊張激
2018.10.24

ワールド
G7外相、記者殺害を非難 サウジに再発防止要請
2018.10.24

ワールド
メイ英首相のEU離脱計画、移行期間が複数年続く可能
2018.10.24
ニュース速報一覧
PICK UP
100年Life
「100年Life」を楽しく生きるための「私的年金」の作り方

──中古マンション投資で、革新的サービスを提供する株式会社ランドネット
2018.09.29PR
レゴ
日本でただ1人、レゴ社認定プロの知られざるメリットと悩み

2018.09.11
JURASSIC PARK
琥珀とダニと恐竜再生──『ジュラシック・パーク』が現実に?

2018.07.05
PRESENT
レゴ好き集まれ! 本誌公式Instagram & Twitterで「♯レゴのすべて」投稿キャンペーンを実施

2018.10.09
新着
事件
シリアで拘束された安田さん解放か トルコの日本大使館職員が本人確認へ

2018.10.24
日本政治
臨時国会、日米通商交渉・入管法改正案など与野党対決色強まる

2018.10.24
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
米中間選挙の直前情勢、上院は共和党が優勢か

<下院は民主党が優勢だが、上院では共和党が優勢......選挙戦がヒートアップするなかで民主党が左傾化して中道票が逃げて
2018.10.23
最新記事一覧へ

最新の求人情報≪医師バイト≫
arbeit.doctor-navi.jp
高額求人・独自求人も多数あり!好条件の医師バイトを探すならDr.アルなびへ!

元米大統領「気が狂ってる…」
worldforecast.jp
太平洋戦争は日本が始めた戦争じゃない…日本人が思いもしないこの発言の真意とは

Ads by Yahoo! JAPAN
MAGAZINE
特集:ケント・ギルバート現象
2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

お得な定期購読お申し込み
デジタル版
最新号の目次

Facebook
Twitter
instagram
RSS feed

人気ランキング

24時間
週間
月間

1
子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査
2
ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳
3
アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に
4
心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…
5
小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

6
ドイツで潰えたグリーン電力の夢
7
ここまで分かった「学習」の科学 繰り返し読む、蛍…
8
現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…
9
「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…
10
宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

ニューストピックス
世界を襲う異常気象

この夏、世界を驚愕させた猛暑と異常気象――地球温暖化は新たな局面を迎えたのか⁉ (C)science mag
2018.08.30
ニューストピックス一覧
PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい
自傷する彼女たちが求める居場所

ある少女は「自分のことを大切にしろと何度も言われたけど…
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら
MOOK
ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!
STORIES ARCHIVE

2018年10月
2018年9月
2018年8月
2018年7月
2018年6月
2018年5月

2018.10.23号
2018.10.23号
特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか
2018.10.16号
2018.10.16号
特集:「儲かるエコ」の新潮流 サーキュラー・エコノミー

単なるリサイクルでなく目指すのはあくまで儲かるビジネス── 地球と経済を救う革新概念「サーキュラー・エコノミー」とは
2018.10. 9号
2018.10. 9号
特集:イーロン・マスク 天才起業家の頭の中

電気自動車、火星移住、地下高速トンネル、脳の機能拡張 「人類を救う」男のイノベーションが つくり出す新たな世界

※次号10/16号は10/10(水)発売です
2018.10. 2号
2018.10. 2号
特集:エアライン大革命

超長距離のノンストップ飛行から夢の「空飛ぶタクシー」までテクノロジーの進化で急速に変わる空の旅の最新事情
2018.9.25号
2018.9.25号
特集:リーマンショック10年 危機がまた来る

貿易戦争、新興国の通貨急落、緩和バブル崩壊...... 世界経済を直撃した未曽有の危機が再び人類を襲う日

※次号10/2号は9/26(水)発売です

Newsweekとは? 広告掲載 お問い合わせ よくある質問 ご利用規約 個人情報保護方針 サイトマップ

CCCメディアハウス
Pen
Newsweek
WEB大人の名古屋

Newsweekjapan.jpに掲載の記事・写真・イラスト等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます
© 2018 Newsweek LLC. © 2018 CCC Media House Co., Ltd.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« レストラン・サンサーラ 野呂... | トップ | レストラン・サンサーラ 野呂... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事