中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

小売業の経営上の問題点は「需要の停滞」

2019年04月06日 06時32分20秒 | 商業活性化・地域活性化・まちづくり

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京下北沢の中小企業のコンサルティング、東京葛飾区の専門サービス業のコンサルティング、横浜市のサービス業のコンサルティングをします。

今日は小売業の経営上の問題点は「需要の停滞」についてです。2019年3月28日に中小企業庁サイトに「第155回中小企業景況調査(2019年1-3月期)の結果」が公表されました。

消費税率が2019年10月から本当に10%になるのか。とくに中小小売店の経営者には関心が高いことと思います。キャッシュレス決済による消費者へのポイント還元があるものの、2020年6月までですから、その後の消費の冷え込みを抑えるためにも、積極的な販売促進をしていきたいものです。

以下はその小売業の経営上の問題点についてです。注目すべきは、前回調査と比べると、「需要の停滞」が4位から2位に上昇している点です。あくまで自分のお店への需要のことだと解釈しますが、集客数や客単価が落ちていると回答する小売店主が増えていると言えます。


▲全国の中小企業の経営上の問題点。小売業の「需要の停滞」は大きな問題に

【中小小売業の「需要の停滞」対策】
・需要を生み出す意識を持つ
・消費者還元のためではなく、訪日外国人を新規顧客にするため等と考えてキャッシュレス決済を導入する
・ブログで情報発信する

【関連講演】
2019年6月8日に講演「小売・サービス業の特徴の整理・把握と成功事例の紹介」を川崎市商業振興課・男女共同参画センターすくらむ21共催/商人(あきんど)デビュー塾/で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「小売業」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 【意外と知られていない】中... | トップ | ネット検索数から見る桜の名... »
最近の画像もっと見る

商業活性化・地域活性化・まちづくり」カテゴリの最新記事