中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

一段上の商品の提案と関連商品の提案

2018年10月09日 06時43分22秒 | マーケティング戦略

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京自由が丘のサービス業のコンサルティング、埼玉県久喜市の中小企業のコンサルティング、川崎市の公営施設の視察を行います。

今日は一段上の商品の提案と関連商品の提案についてです。売上高を上げるために、昔から以下の2つの販売活動が行われます。

・アップセル…現在顧客が使用しているものよりも上位のグレードの商品やサービスを提案する
・クロスセル…商品単体ではなく、関連商品を含めて提案する

とちらも顧客単価を上げるためのアプローチですが、中小企業が現実的に行うには以下のように考えていきましょう。

・アップセルを行うためには、商品やサービスのグレーディングが必要。グレードを設定するということは、比較的に低いグレードの商品やサービスも用意するということ。いかなる場合でも高品質を追求する場合には、アップセルというよりも、当該ブランド力をアップするという発想になる
・クロスセルを行う前提は、関連商品・サービスを品揃えすること。仕入力に限界がある場合には、関連商品のセットを専門化して、無駄な関連品を品添えしないようにする

【関連講演】
2018年11月10日に講演「起業プランから経営活動プランへ」を立川商工会議所創業応援塾2018で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「関連販売」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 家族経営が最初に他人を雇用... | トップ | 労働時間は短くなったが、生... »
最近の画像もっと見る

マーケティング戦略」カテゴリの最新記事