中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

個店リーダーと商店街リーダーの違い

2018年10月04日 06時31分54秒 | 商業活性化・地域活性化・まちづくり

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都大田区の中小企業のコンサルティング、東京都中小企業振興公社/新・商店街リーダー塾(商店街リーダー実践力向上塾)で講演「ITでできる!商店街活性化」、東京都港区の専門サービス業のコンサルティングをします。

中小企業診断士 講演
▲東京秋葉原での商店街リーダー向けの講演です

今日は本日の講演に関連して個店リーダーと商店街リーダーの違いについてです。都内の商店街は元気です。理由の1つには円安やオリンピックに向けて訪日外国人がとても増えているからです。スマホによるGoogle翻訳やオフライン型の通訳端末のイリー等を使っている商店街内の個店も多いものです。

ここで個店のリーダーと商店街のリーダーの違いを考えてみます。

・個店は家族経営が一般的であるため、立場としてのリーダーは自然と決まってくる。家族に甘えず、先代から引き継ぐものと、次の代に残すものを常に考えて先手を打つ。
・商店街は会員と非会員の調整、会員間の意見の違いの調整等の調整力がとても必要。ただ単にガンガン新規のアイデアを出すのみでは商店街組織のリーダーにはなれない。
・個店でも商店街でも、リーダーとは常に外部環境の変化にどう対応するのかの意識のリーダーであるべき。

【関連講演】
2018年11月6日に講演「お店に最適なWEB活用術~費用を掛けない顧客獲得とスタッフ確保策~」を東京都中小企業振興公社/商人大学校平成30年度 実践講座 飲食店コースで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「リーダー」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 全国中小企業の業況感は一服感 | トップ | 東京立川のIT活用講演に参加... »
最近の画像もっと見る

商業活性化・地域活性化・まちづくり」カテゴリの最新記事