中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ

ホームページと実際の事業内容にズレが生じた場合の考え方

2017年12月14日 06時39分46秒 | Webマーケティング・ソーシャルメディア

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京自由が丘のサービス業のコンサルティング、東京梅が丘のサービス業のコンサルティングをします。

今日はホームページと実際の事業内容にズレが生じた場合の考え方についてです。ビジネスですから常に経営環境(自社と競合と顧客)は変化しています。例えば10年前に構築したホームページの内容が現在と今後の経営に貢献するとは限りません。

先日もホームページで狙ったSEOキーワードと実際の事業との乖離が生じている中小企業の経営者と会いました。

以下のように考えていきましょう。

(1)結果としての今の事業は、本当に狙った事業になっているのか?
(2)事業変化が望むものであるならば、思い切ってホームページをリニューアルする
(3)狙ったSEOキーワードを設定した事業も残しつつ、新しい顧客や事業用にはランディングページで対応する

【関連講演】
2018年2月20日に講演「IoTと中小企業~IoT・ビッグデータ・AIを企業が経営に活かす方法」を日本電信電話ユーザ協会宮崎支部で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「経営視点」をテーマにした企業ブログ記事一覧


講演・講師の用命は、高い集客力、確かな講演満足度のスプラム竹内幸次へ
創業塾顧客満足度全国1位獲得。成功する起業、ブログ・SNS・動画活用、中小企業のSEO、経営革新、営業交渉・プレゼンテーション等の講演は2,100回超。お気軽にお尋ねください。>>講演レジュメ例 >> お客様の声 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次
https://ssl.spram.co.jp/

Certified Small and Mediam Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2017 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ITネットビジネス
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事業承継には組織的な経営理... | トップ | 世界のスマートフォンのOSイ... »
最近の画像もっと見る

Webマーケティング・ソーシャルメディア」カテゴリの最新記事