中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

これから小規模事業者持続化補助金の申請書を書く際のポイント

2019年06月03日 05時46分02秒 | 中小企業の財務・資金

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都江戸川区の中小企業のコンサルティング、横浜市の中小企業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日はこれから小規模事業者持続化補助金の申請書を書く際のポイントについてです。商工会議所地区では6月12日が申請締切です。近年は申請書作成のレベルがかなり高くなっており、採択されるためには訴求力を高める必要があります。

【小規模事業者持続化補助金の申請書を書く際のポイント】
・全般にわたって前向き、挑戦、革新的なイメージが伝わるように書く
・小見出しを多用する
・小見出しと本文にはキーワードを多用する
・図表を適切に使う。図解や比較表は効果的
・地元をターゲットエリアにするのであれば、jSTAT MAPを使って地域商圏分析を行う

関連講演:
2019年7月20日に講演「総括・成功の秘訣」を川崎市商業振興課・男女共同参画センターすくらむ21共催/商人(あきんど)デビュー塾/で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「補助金」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 伸びるBtoB-ECの市場規模 | トップ | 現場発想型のIT活用とは? »
最近の画像もっと見る

中小企業の財務・資金」カテゴリの最新記事