中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

経営課題は経営者が作るもの

2019年08月19日 06時09分16秒 | 経営革新・イノベーション

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市のサービス業のコンサルティング、東京都品川区の製造業のコンサルティング、横浜市の製造業のコンサルティングをします。

今日は経営課題は経営者が作るものについてです。「うちは経営上の問題もなく、課題もない」と言う経営者がいます。自分で自分のことを「課題を作れない経営者」と言っていることになります。

【経営課題は経営者が作るもの】
・あるべき状態(ビジョン)と現状のギャップを埋めるために設定するテーマを課題と言う。
・上記から「課題がない」と認識してしまう理由は2つ。1つはビジョンがないこと。もう1つは現状を客観的に見ていないこと。
・まずはビジョンを持つ。難しいことを言わず、未来の夢を語る。
・つぎに現状を整理して、分析する。分析は3つ。1つは業界標準との比較。2つ目は特定企業との比較。3つ目は過去の自社と比較。
・「どの業界と比較するべきか分からない」という状況なら自社の事業領域(ドメイン)を現代風の切り口で設定する。

関連講演:
2019年9月7日に講演「マーケティングとプロモーション」を立川商工会議所創業応援塾で行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「経営課題」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« なぜ日本はITもキャッシュレ... | トップ | 小規模企業のIT活用は「作る... »
最近の画像もっと見る

経営革新・イノベーション」カテゴリの最新記事