中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

意味を付加した物販を

2006年04月21日 05時10分32秒 | マーケティング戦略とは
おはようございます。スプラムの竹内幸次です。

今日は小売店の物販の意味についてです。インターネットで何でも買える時代に、顧客がわざわざ小売店に買い物に来る理由には、以下があると思います(他にもあると思いますが)。

(1)見て、触って、試してから買いたいから
(2)直ぐに、その場で欲しいから
(3)住所や氏名等を知られなくないから
(4)お店が生活圏にあって、寄れるから
(5)他の顧客がどのような商品に興味がある(購買した情報ではなく、興味を示した情報)のかを見たいから
(6)店員と話して、相談や説明、提案を受けたいから

とくに(6)は重要です。(1)~(5)は顧客1人で行うことができるものですが、(6)は顧客と店員の双方のやり取りによって実現できるものです。商品自体を売るのではなく、商品に感する情報を付加して販売するようにしましょう。


株式会社スプラム代表取締役 竹内幸次 中小企業診断士
http://www.spram.co.jp
e-mailはこちら
Copyright:© 2006 SPRAM All Rights Reserved.

【ブログ執筆・運営ポリシー】
・中小企業経営にプラスになるような情報の執筆を心がけます
・顧問先・コンサルティング先企業等、守秘義務のある特定企業情報は執筆しません

ジャンル:
ビジネス実用
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 顧客満足度の継続把握を | トップ | ワイヤレスLANの普及 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (バカやくざいし)
2006-04-21 05:36:21
お初にコメントいたします。

確かにそうですね!

消費者は、その商品が欲しいと思っているけれどホントのところは『その商品への、期待と魅力に』お金を払うんですよね~
ありがとうございます。 (竹内幸次)
2006-04-21 05:41:19
コメントありがとうございます。それにしても個性的なブログを運用されてますね。意外性があって興味深いです。記事タイトルの付け方、センスを感じます。ありがとうございます。

マーケティング戦略とは」カテゴリの最新記事