中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

Withコロナの商業キーワードは”分散”

2020年08月11日 05時52分48秒 | 商業活性化・地域活性化・まちづくり

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都日野市の製造業のコンサルティング、東京都千代田区の中小企業のコンサルティング、千葉県佐倉市の商業組合のコンサルティングをします。今日はWithコロナの商業キーワードは”分散”についてです。

【Withコロナの商業キーワードは”分散”】
・WHO事務局長は「コロナの影響は今後数十年に及ぶ」と発言した。十数年ではなく、数十年。
・逞しく生き残るためには時代適応しかない。小売店や商店街、ショッピングセンター等の時代適合のキーワードは”分散”。将来有望な企業のキーワードの1つは”非接触型ビジネス”と言われており、このキーワードを商業に当てはめると、分散になる。
・催事の分散(小規模イベントを数多く行う)、組合会合の分散(Zoom等のオンラインで)、レジ場所の分散、飲食スペースの分散、そして店舗立地の分散。
・分散は古典的に言われる組織原則の1つである専門化の原則(同類の仕事をまとめて部門を形成する)と反対の概念に近い。1つに集中することなく、複数に分散すること。これがWithコロナ時代の商業。つまり路面店の連携組織である商店街はチャンスの時代となる。

スプラムでは中小企業に即した現実的な経営助言を行っております。講演、コンサルティング等の問合せからご連絡ください。

関連講演:
2020年9月25日に講演「コロナ新時代を勝ち抜くためのITビジネスツール活用(入門編)」を公益財団法人千葉県産業振興センター令和2年度ITセミナーで行います。

関連記事:中小企業診断士竹内幸次の「Withコロナ」テーマにした企業ブログ記事一覧


スプラム感染予防ポリシー 詳細はスプラム感染予防ポリシーをご覧ください。
経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。Zoom等のオンラインコンサルも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2020 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士FBで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。

この記事についてブログを書く
« 情報の真偽をファクトチェッ... | トップ | Zoomが海外データセンターに... »
最新の画像もっと見る

商業活性化・地域活性化・まちづくり」カテゴリの最新記事