中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

後継予定者に子会社の代表取締役を経験させる

2018年02月12日 05時41分37秒 | 中小企業の事業承継

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都立川市の中小企業のコンサルティング、東京都中央区の中小企業のコンサルティング、川崎市の中小企業のコンサルティングをします。

今日は後継予定者に子会社の代表取締役を経験させる、についてです。経済産業省では2025年には6割以上の中小企業で経営者が70歳を超え、このうち現時点で後継者が決まっていない企業は127万企業あると試算しています。127万企業は日本の企業の1/3です。大変なことです。

私が毎日訪問する小規模企業・中小企業でも後継や事業承継をテーマにしたコンサルティングが増えています。円滑な事業承継のための1つの方法として、

・子会社を作り、後継予定者に社長を任せる

という手法があります。比較的に大きくなった本体の代表取締役を任せる前に、比較的に小さい新規子会社を作って、その代表取締役を担当させて、マネジメントを実践させるのです。有効な方法であり、私も推奨しています。

【関連講演】
2018年3月2日に講演「ITの活用による販売戦略」を茨城県中小企業団体中央会で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「子会社」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 外部ブログをホームページに... | トップ | 中小企業団体(事業協同組合... »
最近の画像もっと見る

中小企業の事業承継」カテゴリの最新記事