中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

平成30年は減少傾向となった商業販売額

2019年03月25日 05時49分31秒 | 商業活性化・地域活性化・まちづくり

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は平成30年は減少傾向となった商業販売額についてです。

経済産業省の商業動態統計である「商業の動き」が公表されました。毎年3月に公表されます。内容は1年前の暦年の商業販売額です。

【2018年の商業販売額の傾向】
・2018(平成30)年の商業販売額(卸+小売)は、前年比3.4%と2年連続の増加
・卸売業は同4.2%増加(2年連続の増加)
・小売業は同1.7%増加(2年連続の増加)

年単位で見ると増加しているのですが、2018年を四半期で見ると、第二四半期以降は商業計と卸売業計が減少傾向になっていることが分かります。

最近では日銀が景気認識の一部を下方修正する等、足もとの景気に不安を感じる中小企業経営者も多くなっています。


▲経済産業省の商業動態統計「商業の動き」

商業の動き(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/syoudou/bunseki.html


【関連講演】
2019年5月29日に講演「商品の値段の付け方と創業資金の借入」を川崎市商業振興課・男女共同参画センターすくらむ21共催/商人(あきんど)デビュー塾/で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「商業」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 家計調査年報2018 | トップ | もうすぐ公募開始!組合等情... »
最近の画像もっと見る

商業活性化・地域活性化・まちづくり」カテゴリの最新記事