中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営ヒント型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

商店街テナントミックスの考え方

2019年03月02日 05時42分13秒 | 地域資源活用

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は東京都立川市の中小企業のコンサルティング、川崎市公営施設でのコンサルティング、東京千代田区の中小企業のコンサルティング、東京台東区の中小企業のコンサルティングをします。

今日は商店街テナントミックスの考え方についてです。ショッピングセンターは開発者が決めたコンセプトに合うテナントが入居する事業モデルであり、商店街は自然発生的に開業した個店が集まった事業モデルです。全体最適が先行するショッピングセンター、個別最適が先行する商店街、です。今後の商店街には商店街組織がテナントミックスの視点を持って、ある程度個店を選別し、誘致する視点が必要です。

【商店街テナントミックスの考え方】
・全体最適を考える
・最適とは顧客にとっての最適であり、既存店舗の競合排除の視点ではない
・集客力が高い業種がある方が好ましい
・滞在時間が長い業種がある方が好ましい
・既存個店と関連性が高い業種がある方が好ましい

【関連講演】
2019年3月13日に講演「事業協力者をつかめ!事業企画書とプレゼン力向上の秘訣」を大阪府堺市役所で行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「全体最適」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2019 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします。
ジャンル:
ビジネス実用
この記事についてブログを書く
« 値下げブームの中の中小企業... | トップ | 2019年3月に開催される竹内幸... »
最近の画像もっと見る

地域資源活用」カテゴリの最新記事