中小企業診断士 竹内幸次 経営ブログ

中小企業診断士 東京銀座 経営コンサルタント 中小企業経営者向け経営メッセージ型ビジネス企業ブログ 中小企業経営者ブログ

ランディングページ(LP)はどこに設置するべきか

2018年09月14日 06時09分01秒 | 中小企業のSEO・MEO

おはようございます。中小企業診断士の竹内幸次です。今日は横浜市の中小企業のコンサルティング、東京都東久留米市のサービス業のコンサルティング、川崎市の中小企業のコンサルティングをします。

今日はランディングページ(LP)はどこに設置するべきかについてです。ランディングページは、ネット検索した閲覧者が初めて見るページのことです。中小企業側からすると、すべてのアクセスをトップページで受け止めると考えずに、特定のキーワード検索によるアクセスは、特定のページで受け止める、と考えるのです。

・ランディングページは具体的なキーワードでの検索を意識してLPO(Landing Page Optimizationランディングページ最適化)を行う
・ランディングページは同じルートURL内に設置する場合と、別URLに設置する場合がある
・特定キーワードが、従来事業(ルートURLによる事業)と同じ客層による検索である場合には、従来事業用のURL内(例:spram.jp/landing)にランディングページを設置する
・特定キーワードが、従来事業(ルートURLによる事業)と大きくかけ離れている場合には、別URLにしてランディングページを作る

【関連講演】
2018年9月20日に講演「ぐんぐん成果のあがる見本市活用セミナー~事前準備~当日プレゼンテーション~成約までのポイント」を公益財団法人高知県産業振興センターで行います。

【関連記事】中小企業診断士竹内幸次の「ランディング」をテーマにした企業ブログ記事一覧


経営コンサルティングを希望される企業様へ
早朝から深夜まで年中無休で何でも経営相談できる顧問契約をお勧めしますが、公的機関の無料経営相談としてコンサルを受けられる場合があります。お気軽にお尋ねください。メールコンサルティングも可能です。 中小企業診断士 竹内幸次直行メール

経営コンサルタント 中小企業診断士 株式会社スプラム 代表取締役 竹内幸次https://ssl.spram.co.jp/
Certified Small and Medium Enterprise Management Consultant
Copyright:© 2018 SPRAM All Rights Reserved.(著作権はスプラム竹内幸次に帰属。無断転載禁止)
中小企業診断士コメントは中小企業診断士ツイッター中小企業診断士Facebookで、問合せは中小企業診断士e-mailでお受けします
ジャンル:
最先端技術
この記事についてブログを書く
« 異業種の共通話題はITが最適 | トップ | iPhone XS Max等に見られる従... »
最近の画像もっと見る

中小企業のSEO・MEO」カテゴリの最新記事