ホップ ステップ エイジング

車の免許を取ったのもパソコンを始めたのも55歳過ぎ。
興味を持ち楽しみながらゆっくりゆっくり年を重ねていきたい。

多い勘違い

2016-05-28 21:36:09 | 雑記
昔から子供は「一姫二太郎」が良いと言われています。
 
そこで質問です。
「一姫二太郎」の意味は?
 
①女の子一人男の子一人
②女の子一人男の子二人
③子供の生まれる順番
④二番目三番目が男の子
 
 


これは子供の人数のことを言ってる言葉ではなく「一番目の子は姫:女の子、二番目の子は太郎:男の子」
 
昔は跡継ぎは当然「男」ですから、女の子が生まれた事で失望しないように、そう言って慰めたらしいですよ。
最初の子供はお母さんもまだ育児になれていないので、おとなしい女の子の方が育児するときに育てやすいという意味で、三番目以降が姫だろうが太郎だろうが、人数は関係ないわけです。
しかし国民の3割くらいの方が実は勘違いしていて「一姫」を「女の子一人」,「二太郎」を「男の子二人」の三人の子持ちが理想的という意味で使っているといわれています。
したがって正解は③でした。
 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 株主優待第二弾 | トップ | べにあかり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事