<西日本の放浪記>

西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・
・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。

旬の釣り、タチウオ釣りが人気に・・・!!

2016-09-18 10:12:34 | 時事ニュース
画像は、指二本半のから三本サイズの、タチウオですが。
昨夜、街に夜の帳が下りた、pm八時過ぎ、家を出まして、先日から2回ほど出撃して、指四本を目撃した、ポイントへ直行しましたが。
月は隠れて、現地へ到着すると、連日、おいでている高齢の釣り師一人・・・・「あれ??貸切ですか!!」「みんな、いたけど釣れないから帰った」という返事です。
そして、仕掛けを作って、投げ込んだ後、・・・・パラパラ・・・「ん!!!」
なんと、雨が降り始めました。仕掛けをたたんでいると、突然の土砂降り、慌てて車に駆け込み、一路場所を変更、秋雨は、女心、降ったり止んだりは、常のことなので、第二ポイントへ移動すると、「おお、!!」着いた途端に、前の釣り師が引き上げています。

それではとばかりに、空場所を見つけて、隣へ挨拶、竿一本を出させてもらいます。
そして、隣の投げ釣りをしていた方は、当たりがないと帰られました。そこへ着いたのが、若者二人、ケミホタルが岸壁をはっていきます。そして、待望の一匹を釣り上げました。私より後から来て、すぐに釣り上げたので俄然ファイトがわきまして、タナを変えて、少し遠投すると、ウキが消えていきます。
チャンスとばかりに、合わせを入れると、久方ぶりのタチウオの引き、強引に引き寄せて、釣り上げると、指二本くらい。「小さいがまずは一匹!!」と自分に納得して、次を投げ込むと、またも、ウキが消えるというか、そうする工夫をしているのですが・・・・(それが隣よりたくさん釣るコツですね。)一人で、竿を三本出して、流れるウキを、私たちの方まで流して、隣が入りにくくしていた爺さんは、アタリすらありませんでした。
隣の若者の、「あれまた釣った、」の声を聞きながら、三本釣り上げて、仕掛けを投入したところで、ここまで嫌な奴が追いかけてきました。
パラパラ・・・・・「うわ!!またも雨が!!」と声を上げながら、相方の仕掛けを片付けて、自分も終わらせて、若者に・・・「雨で溶けるといかんから、退散するね!!」と声をかけて、爆笑する若者が、「また会いましょうね。」の声を尻目に、帰ってきました。
これから、楽しくなるタチウオ釣り・・・相方が釣れていないので、当分は釣らせることに専念ですね。
九州の高校の先生が、TVで、教えることで自分も勉強すると言ってましたが。まさにそれです・・・丁寧に教えます(爆笑)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中秋の名月 | トップ | 台風16号が、現在進行中の四国 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事ニュース」カテゴリの最新記事