<西日本の放浪記>

西日本の隠れた名所と隠された秘密を・・
・・・粗茶も出ませんが、楽しんでください。

四国放送70周年記念番組<四国の右下・・>pm7時

2022-11-25 09:46:54 | 時事ニュース

昨日、スマホを見ると着信履歴に前日気づいていない履歴が有り電話すると、会議中で、1時間ほどしてかかってきた。

第一声が「どこで釣れよん〜??先日Nさんと行って1杯しか釣れなんだ〜、どうなっとん??」

とのクレームです。

場所は、宇宙局の岩場まで降りたとの事、そこは管轄外と返事すると、昔、釣れたとクレームです(笑)「最近は紅葉が綺麗で、紅葉を愛でるのが多いと返事しました。

勝浦町の星の岩屋や中津峰山の如意輪寺の紅葉は見事です。

画像は細い道を上っていくと出てくる如意輪寺の仁王門です。

境内も今が盛りで必見の価値があります。

中津峰山の中腹にある如意輪寺は、紅葉の木と巨木のイチョウの木が出迎えてくれます。

この季節が一番綺麗季節なので、参拝してもらいたい徳島の風景です。

厳かな雰囲気の里山の風景かな〜??

と、まずは徳島の紅葉ポイントを講釈して、次にポイント説明です。先日の出撃では、小当たりで掛からないイカばかりで、嫌になってやめて帰って来ました。

OHさん夫婦は、アオリイカの500gサイズを頭に5杯とシマアジの50cmを釣って喜んで帰って来たようです。

そして、「あれっ〜〜あそこはマル秘ポイントじゃないの・・・」とビックリしたのが、

今日の夜7時から四国放送の<四国の右下ノッてます>で放送される場所です。

サラシもあるし、岩場のポイントは、どこかで見たな〜???と感じます。ここならアオリイカたくさんいそうですね。

場所によっては、群イカが見られますが、また場所によっては、全く当たりません。

最大の原因は海水温の上昇とアイゴやヒトデの異常繁殖でメカブを食われるのが原因かな〜

小生は、小松島のお好みやさん親子とよく行った場所で小イカと遊ぶのが日課になってます。

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今から行こうか??アオリイカ釣りへ・・・

2022-11-19 09:59:20 | アオリイカ

週間天気で、土日曜日は雨の予報です、そこで、昨日、朝、見ると土曜日は雨がずれた!!

潮は満潮15時干潮21時36分それなら、時間の遅い釣りで、土曜日はのんびりしようと、相方にお昼過ぎに、「今からイカ釣り行こうか〜??」と言う事で慌てて準備してお出掛けです。

波も少ない風は北寄りの風微風です。

恵比寿浜も空いていますが、赤灯台のテトラも数人で、空いていますが、スルーです。

一路南下して最近よく行くポイントで竿出しします。

一投目よりアタリあり、早々にヤエンを入れて、GET!!

400gくらいの小さいサイズ、次にはヤエンが進まずバラし、その後も、ヤエントラブル!?

お気に入りのヤエンを前回の最後で、マンタに掛けてロストしてしまって今回は変えたのですが・・・調子悪いです。

気づいたがそのままでガマンしました、これが悪かったかな〜??

相方も1杯釣って、小生が2杯で、9時前に1匹のアジを残して、終了です。

今日の釣果・・・あれっ2杯??と思われますが、1杯のアオリイカは特別待遇で、ここで遊んでいます(笑)

ゴミがかかったようなアオリイカのチビが釣れたのです、ゆえにこのチビは帰って頂きました。

しかし、触腕には、傷が入ってます、これはエギのかけた後ですか、小生のは口にかかっていたので、この傷とは違います。

チビなので触腕も伸びていないし、傷によって成長も遅れて長さがいびつです。

初心者は、エギ釣りよりもアタリの多いのはヤエン釣りです。また取り込みの確率の高いのは、ウキ釣りです。

アオリイカを釣ってみたい方は、まずはウキ釣りで始めることをお勧めしますね。

数は不満ですが、休日前の夜遊び、5時間ほどの釣行でした。

次回はのんびり釣るかな〜(笑)

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

昼間のアオリイカ釣り!?

2022-11-17 10:55:44 | 釣り

過去記事で、出撃場所はたくさん書いていますね。

もう出かける場所が無い、ドコモエギで触手を切ったイカやスレで、アジのお腹を噛むイカばかりで、なかなかヤエンに掛かりません。

その上、ホームは、アクアラングが潜って混ぜるので、もう期待は低いです。

 

昨日、ノンビリ出撃して場所探しです。日和佐道路を抜ける時に・・・「あれっ〜トラックが・・」相方の声に右手を見ると、こんな感じで、壁が出来ています。

どうやら、トラックがバランス崩して横転したのかな〜、新聞には夜の3時に起きた事故と書かれていました。運転手は一気に目が覚めたかな〜??

そして、いつもの波止には、十人ほどが、エギを投げています。その上、砂浜で見つけたのは

酸素ボンベが三つ並んでます。今から指導するようです。

(ここでは釣れんだろうな〜??)などと思いながら、相方に「どこ行こうか〜??」「私がわかるわけない!?」ときっぱり断られて・・・・昼間に釣れる場所と言えばあそこかな〜??

などと考えながら、活きアジを入れて、一路南下します。

風に強いのは牟岐周辺かな〜??そう言えば、最近手倉湾の情報が聞こえてこんな〜??

館長の所によれば分かるな〜などと考えて、トンネル抜けると、車が二台、おっ〜釣れとんじゃな!?

よしとばかりに場所を決めて、お邪魔します。

30分ほどして、ヤエンでまずはオニギリ逃れです!?

その後、追加して、

相方もぼちぼちと掛けて、プチ地合いは、予定どうりの時間に有り、終了は6時前の時間です。

9時間の長い時間でしたが、1000円分のアジが全てにアタリのある楽しい釣りになりました。

1杯は、620g(スミ無し)トレー重量は、156gなので、差し引きして、620gです。そして、他の重量は、小さいので、

448ー156=292gですね。

まだまだ小さな個体が多いので、来月に入れば期待出来るかな〜??

現在、由岐日和佐から甲浦にかけて、数は多いようです。

また、吉野川と那賀川の吐き出し以外は、釣果があるので、東部の沿岸でも釣れる可能性は高いです。津田港の沖の一文字波止でもアオリイカが釣れてました。

案外、穴場があるかもしれませんね。チャレンジ如何ですか???

 

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

落ちアユ釣り解禁!?

2022-11-17 07:42:29 | 釣り

アユ釣りも産卵の為の禁漁期を越えて、11日に解禁されました。

今年の那賀川は、上流部の降雨量が、歴史的に少なく川が干あがり始めています。

画像は、十八女(さかり)近くの那賀川の様子です。

そして、勝浦川には、のんびり泳ぐ鯉の姿も、全盛期には、針にかかれば大暴れのファイトを見せていました。

そして、下流の川には、チャラ瀬で、

産卵を済ませたのか、それとも産卵中なのか、アユが上流向かって並んでいます。

見にくいですが、上下に筋になって泳ぐアユが見えます。

解禁日には、待ってましたと、ころがし釣り師が飯谷潜水橋の下流や丈六寺の上流部に集まってました。

たくさん釣れたかな〜、まぁ、出汁を取るには、上品でいい出汁が取れるので、上品な料理には、重宝されます。

三枚おろしを乾して炙って酒のアテにしても美味いですね。

農閑期に入るこの季節の百姓の遊びとしては、最高かな〜??

自宅の近くで、のんびりガヤガヤと花咲かせる落ちアユ釣りの風景でした。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

満潮19:08干潮01:44(小松島)アオリイカ釣り

2022-11-13 10:05:32 | 釣り

早朝、新聞配達が来た〜、早いな〜目が覚めて読んでいると、相方が起きて来た!?

am6時??「仕事より早いで〜どしたん??」コーヒーをいれて、いそいそと鏡の前に・・・

そして、「さぁ〜行こか!!準備出来たよ〜!!」「何処へ??」などと言うやり取りがあり

支度をして、エサ屋さんへ行き、餌を持ってミナミへ走る・・・エサ屋さん周辺では、最近アクアラングが始まって、近所は潜るので、寝魚の個体数は激減しているのです。

そこでミナミに走ると、サビの浜には2台子亀には3台大亀には2台トンネル先の小サビの浜には1台鯖瀬駐車場には3台・・・・どこも多いな〜ここが空いていた〜!?

と言うことで竿を出します・・・1時間当たりがないので、場所移動です!?

アオリイカは居ないのかな〜??それともイカ釣りが多過ぎるのかな〜??

悩みながら、養殖場に行ってみると、アオリイカの群れが大きくなっています。

黒い点々はアオリイカが、群れて浮いているのです。しかし、ここにアジを入れると散らばってしまい捕食しません。

活性が上がる時間じゃないのか、浮かんで群れています。

そんな群れがあちらこちらにいてるので、総数は数百を超えるかな〜??

そして群れの統率を指揮しているのが、左のマーカーの先の少し離れたでかいアオリイカです。

全てのアオリイカが、こちらに触手を伸ばして、浮かんでいるのです。

拡大するとこんな感じです・・・・

 

アオリイカ、場所によっては群れて遊んでます、そこで釣り竿を出してみますが、活性が低いのか、竿に乗らないで、

相方が釣ったのは、そりゃ〜エソじゃ!!?

「イカ釣れアオリイカをな〜!?」それから数時間後にプチ当たりで、相方が釣り上げたのは、ここのレギュラーサイズ400g小生は、少し

離れたところで、2当たりのゼロで終わりました。

友人達は、1当たりで放したと悔やんでました。

また今年も、

アオリイカを求めて、徳島と高知を行ったり来たりするのかな〜???

小イカも少し大きくなって、群れが寄って来るのはいつかな〜????

県南が賑やかになるシーズンです!?

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする