奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

リフォームプラン・リノベーションで住まいを考える仕事の日々・・・・・。

2011年03月30日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

日常のなかでのほんの小さな出来ごとも「幸せ」を感じること。

気持ちの持ち方で「ものの見方」も随分変わりますよね・・・・・。

 

 

検討中ですリフォーム・リノベーションのプランを。

そこに「身を置いた状態」で何度も考えていますが、

直すだけとか、新しくするだけ・・・ではなくて、

キチンと「根本」の部分から考えています。

 

 

「住処」なので当たり前ですけども・・・・・・。

 

 

使い方も考え方も家族によって・・・家族間でもずいぶん違いますからね。

ニーズの在処を考えながら、

幅と奥行きを様々な角度で検討中です。

 

 

奥行きで物の納まり方や収納する「モノ」も変わりますし、

それで「何をする場所」なのかも変わってきますからね・・・・・・。

 

 

リビングが一般的に来客の「場」となっている場合は、

暮らしているなかで「小物」や「アイテム」も置きっぱなしになってしまい、

「いざ」と言う時に「片付け」や「移動」が大変だったりしますよね。

 

 

その大変さがどれ位のものか・・・・・ということもありますけども、

「サッと片付け」が出来ると助かりますよね。

 

そういう部分も考えながら、「リビング」での収納家具が減ることで、

スッキリしたり、意外な奥行きが確保できたり、「子供のおもちゃや本」の片付けが

簡単だったりと・・・・・・。

 

イロイロ考える課題もありますが、

相反する「必要性」の調整が課題・・・・・・。

 

 

 

Twitter

住まいのこと・土地利用のこと・ご相談・お問い合わせ

 

*********************************************
その家に暮らす家族、建物を使う人たちのライフスタイルや、

想いをカタチにすることが建築家に与えられた役割だと考えています。

住まいをつくるということは、そこでの暮らしをつくるということにつながります。

和モダン シンプルモダンの暮らしと作法 和風モダン ナチュラルモダン 片流れ

 「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」 適正価格

建築設計事務所
 やまぐち建築設計室   の仕事

URL  
http://www.y-kenchiku.jp/
********************************************

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« サイズを考えながら、次回の... | トップ | LDK・・・キッチンとその... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築家 設計の仕事 監理の仕事」カテゴリの最新記事