奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事・和風建築の優雅な建築美と暮らしの持つ意味の着地点と建築の魅力を丁寧に・・・・住宅雑誌掲載が決まり、撮影と取材の日に。

2019年12月01日 | 掲載誌、雑誌、専門書籍

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

先週のお話しですが・・・・・。

どちらかといえば「告知」です。

少し前に外構2期、造園工事も完成した

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家

新築工事は建物本体引き渡しから、

約10ヵ月の外構工事と造園工事を終え

全体の引き渡しへ・・・・・。

そして以前からオファーをいただいていた

住宅雑誌での掲載も決まり

完成とほぼ同時に

掲載誌用の撮影と住まい手さんをはじめ

工事関係者を含めたインタビュー・・・・・。

外観と内観のショット撮影で

昼の部と夜の部、二回に分けて

カメラマンも2人で・・・・・。

 

一人は雑誌社のカメラマン

もう一人はいつも完成写真(竣工写真)の

撮影を依頼している写真家の西村センセイ。

パリから帰国して早速の2件目の撮影依頼で

バタバタでしたがなんとか当日中に

全ての撮影を終えましたよ・・・・・。

住まい手さんの暮らしに対する想いの詰まった

数寄屋の家は

その佇まいにも意味を持ち

五感で感じながら過ごす「豊かな時間」を

表現していますよ・・・・・。

 

 

 

 

 

ドライキッチンと

ウエットキッチンの存在が

そこに必要である意味の「デザイン」と「設計」の懐。

事業者、社長が、豪邸を持つ「その家」の意味。

紐解く事でデザインされた暮らしの法則が

そこにはありますよ・・・・・。

 

雑誌の発売は12月20日。

奈良県内、書店、コンビニ等でも平積みで

販売されますよ。

新しい暮らしの価値観と充実

家や暮らしに対する想いが深い皆さんの為の

一冊になると思います。

発売の際にもまたお知らせしますので

書店、コンビニで

是非手に取ってお買い求めくださいね。

 

施主(建築主) Iさま

設計・監理 やまぐち建築設計室 

      建築家・山口哲央

開発・建築・外構施工 

株式会社 尾田組 土木建築部 

(担当)土木建築部次長・現場所長 中村 均一 

      現場代理人・主任 吉村  拓斗

造園工事 株式会社 大和日昇建設 造園部

 

暮らしが変化する事で

人の心身が変わるという事・・・・・。

関わる人間の違いで着地する意味。

当たり前の暮らしの中に

新しい価値観の持つ意味を。

 

本当の意味での

設計とデザインの価値で

暮らしの意識と居心地、

暮らしの時間を丁寧に感じてみませんか?

 

住む場所、暮らす時間で変化する

気持ちよさの違いを実感するように。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 住いの設計とデザインの感度... | トップ | 中庭や坪庭、窓の種類と位置... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

掲載誌、雑誌、専門書籍」カテゴリの最新記事