奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしに対する愛情のある家を考える様に・・・生活の環境が変化すると毎日の暮らしの充実と思考も変化しますよ、インテリアと暮らしから設計デザインを考える様に。

2020年09月14日 | 和モダン 思想

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

 

※IDC大塚家具南港ショールームにて

 

皆さんは何の為に家を建てるのですか?

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

 

何かを手に入れようとする時に、
 
何でもいいや・・・・、
 
とか、
 
これでいいや・・・・、
 
と思う人は多いと思います。
 
 
けれども、これが良い、これしかない、
 
と思ったものを
 
丁寧に一つ一つ手に入れていくと
 
生活はまた異なった質を
 
持つようになりますよね・・・・。
 
 
 
家づくりもそうなんですね。
 
 
何でもいいや、
 
とか、
 
これでいいや、
 
と思って建てるのではなくて・・・・・。
 
 
価格や広さという意味では無くて
 
これが良い、これしかない、
 
と思ったものを計画して
 
建てると・・・・・その後の人生は
 
大きく変わっていきますよ。
 
 
僕は・・・それはこだわりではなくて、
 
暮らしや人生に対しての
 
愛情の問題なのだと思っています。
 
 
ある種の考え方として「美しいもの」に
 
囲まれるように。
 
 
全員に好かれる「オシャレ」
 
ではなくて求めるべき「お洒落」
 
だったり、
 
好きなモノに囲まれる空間だっだり・・・・・etc。
 
 
〇〇〇〇をおしゃれだと言う人がいます。
 
 
けれども、
 
それが好きな人にとっては、
 
それが「そこ」にあることこそが
 
日常であり幸せであり居心地のいい空間。
 
 
設計デザインとして
 
込める内容と同じく、
 
愛情の詰まった空間が
 
そこに存在する様に・・・・・。
 
 
建築というハード面のアプローチ、
 
ソフト面のアプローチ、
 
それぞれがバランスの必要なところ・・・・・。
 
 
そして物質的なモノだけではないのが
 
建築による暮らしと人生の
 
質的な改善だと思うんです。
 
 
生活する環境はどうあるべきか?
 
 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office


コメント   この記事についてブログを書く
« エレガントでラグジュアリー... | トップ | 間取りの工夫と設計デザイン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

和モダン 思想」カテゴリの最新記事