奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

つなげ方で変化する住まいの設計デザインと暮らし方で差の出る空間設計デザインの感度を丁寧に質的に・・・毎日の暮らしの空間による時間の毎日は小さな蓄積空間のインテリア。

2021年04月03日 | 家 住まい 間取り プラン

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※+αの広縁(縁側)空間

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

 

廊下とテラスの関連性で

暮らしの空間も

多様性を持つようになります。

※+αの広縁(縁側)空間

 

暮らしの多様性が

過ごす時間の価値に

良い意味で変化を与えますよ。

 

縁側空間に代表されるように

廊下は内外部分の中間領域に

位置する空間で

独特の暮らしの場と

可変性を持った位置ですよね。

 

現代的に考えると

そこは地上階でなくても

ルーフテラスの面した廊下などは

自由な使い勝手を生み出す

エッセンスにもなります・・・・・・。

 

部屋と部屋が廊下だけでは無くて

テラス空間と繋がる事で

大きなひとつの廊下空間へ変化して

プラスワンルームのような

自由空間が生まれたりします。

 

そんなつなげ方の設計デザインを

工夫する事で

暮らしの空間にもう一つの価値を

付加する事も可能ですよ

暮らしの空間価値として・・・・・・。

 

景色の工夫を取り込み

自由空間を生み出す設計は

暮らしの蓄積を

多様に受け止める空間を

生み出すところにも

つながるように。

 

中間領域の価値観デザイン。

 

良い意味で暮らしに影響があるように、

そして、

そんな場所を

設計で整えるように・・・・・。

 

ご相談、面談のご希望は

ホームページ「お問い合わせ」から。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 住まいの間取りと暮らし方を... | トップ | 暮らし方の価値観とデザイン... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事