奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

間取りと暮らし方の繋がりで心地良さや生活環境の質に違いが生まれます、間取り計画の中に暮らしの基準を反映させながら設計デザイン感度の付加価値と勘所を丁寧に。

2021年01月22日 | 家 住まい 間取り プラン

設計とデザインのチカラで

注文住宅だから出来る

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※過去デザイン設計案件 間取り図提案事例(平屋の家)

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる。

 

注文住宅を建てようとしたときに、

デザインや機能性を

重視するのも重要ですが、

家(間取り)の内外で

人が移動する事を検討し

人の動線(移動する軌跡)を

想定して住宅を検討することも大切です。

 

むしろ「それ」を重視するべきで。

 

住宅をデザインする際に、

間取りと密接な関係にある

動線計画のポイントについて。

 

動線にはどんな種類があるのか?

 

住宅のデザインで重視される

動線は主に三つあり、

それぞれ家事動線、

生活動線、そして来客動線として

分類されることが多いです。

 

ここでは、

最も重要なウェイトを占めている

家事動線と

プライバシーに関わる

来客動線について・・・・・。

 

家事動線を

しっかりと検討するメリット。

 

住宅の間取りを考える際に、

動線の中で

最も人が悩む傾向が多い

とされている家事動線を

新しい住まいの計画にあわせて

自分自身の家での行動を

見直すことにより、

料理や洗濯などの

家事の際、疲れるような移動の仕方

不便な移動の仕方とならない

動作をスマートに

することができます。

 

効率性を重視したい時に、

料理をしながら

洗濯機も並行して

回転させたいといった場合に、

台所(キッチン)と洗濯機、

並びにベランダやバルコニーが

真反対に離れたところにあっては、

家事時間にとっては

大きな負担となりますよね。

 

デザインの一例として、

洗濯室の手前の部屋に

キッチンやパントリーを考えて

ドア(扉の位置)と向き、

部屋の照明スイッチ類も

その動きに馴染むように

計画してレイアウトして

その付近の空間に

勝手口を設けて

食材の買い出しなども

スムーズにこなせるようにする等の

小さな配慮の積み重ねという

工夫が挙げられます。

 

また、料理をする際に

動き回ることになる

キッチンの広さや

配置(レイアウト)も重要になります。

 

冷蔵庫から食器棚、

テーブルまでの距離を

なるべく体に負担のかからない向き

そして少ない歩数で

行き来できるように、

家電や棚を配置(レイアウト)

することも大切。

 

来客動線のポイント。

 

来客動線は、

ご自身やご家族の

プライバシーにかかわる

動線となります。

 

来客の多いご家庭では特に。

 

抑えておくべきポイントは、

来客の際に、

いかに客人をスムーズに

客間へ招待できるのか?。

 

そして来客動線が

他の動線と交わることのないように

設計できるかが挙げられます。

 

例えば玄関から客間へ

客人をお通しする際に、

洗面所やキッチンが

見えてしまっては、

プライバシーの面でどうなのか?。

 

また、客間と玄関の間に

洗面所などがあると、

来客中はそれらの設備が

使用しづらくなるといった

ケースもあります。

 

そのような事態を避けるために、

なるべく客間や

そこにつながる通路からは、

リビングや洗面所を

見えない位置になるように

配置する移動空間を検討したり

逆に、二方向に移動できる空間を

確保するなど「生活基準の配慮」を

いかに工夫するべきか?

という面を検討する様に・・・・・。

 

間取りの中での移動は

毎日のことで、

自らの人生の中で

長い付き合いとなることを考えると、

室内移動という観点、

動線は非常に大きな

ポジションを担っていると

考えるべきですよね。

 

自分の中で暮らしの基準が

どんな水準であるべきか?

 

生活の基準は

家づくりのポイントですよ。

 

毎日の暮らしの軸を心地よく。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

ご相談、面談のご希望は

ホームページ「お問い合わせ」から。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office


コメント   この記事についてブログを書く
« (仮称)吹抜とライブラリー... | トップ | 間取りと空間の工夫で暮らし... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事