奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

住まいの設計デザイン・・・・広さ、狭さの感覚基準を原点にイメージしながらLDK暮らし基準価値を読み、豪邸、狭小住宅、和モダン、和風、価値基準をどのように捉えてデザインで発揮するのかの違いですよ。

2018年02月22日 | 家 住まい 間取り プラン

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※広さの感覚を周辺要素と家具レイアウト、視覚でデザインコントロールしたLDK検討CG

 

 

住まいの設計・・・・・。

暮らしの空間をデザインする時に

大切にする要素にも色々と。

 

 

天井の高さをデザインするという事。

基本的な決まり事はありますが

それという「リミッター」を外して

天井の高さ基準をデザインして

設計に取り入れる事での暮らしの価値空間の質の違い。

 

暮らしの空間を立体的に捉えるという事。

CGや今までの経験値での感覚を

駆使することもそうですが、

アナログ的に今住んでいる家の

住まい手さん自身の感覚基準がどうなのか?

をきちんと把握する事も・・・・。

 

※外部空間の中庭を室内認識に取り込んで吹き抜けを外部にデザイン提案でのイメージCG

 

床を上げる下げるの部分での段差もそう。

室内に階段並みの段差や外部を取り込んで

高さの感覚を操作する事もそう・・・・・。

 

 

価値基準の形成されている「感覚」が

どの位置づけなのかにより、

広い狭い、高い低いも異なりますよね。

つまりその人の「常識」が

どの「ライン」なのかにより

内容が変わって来るという事・・・・・。

 

建築空間を住宅を設計するのは

平面方向の広さが限定されていることから、

2階、3階と上に層を重ねて

住むことになることが多いですよね。

 

 

このときに部屋や空間の

天井の「高さ」を今一度考え直してみたほうが

良いと思います・・・・・。

 

 

使い方や雰囲気、

あるいは、使う事になる個々、

人で変わってくるはずなのに、

多くは同じ「高さ」の部屋を

単純に積み重ねたものになっていますよね。

 

 

その気付きは本当に大事で

設計する側の、プロであるはずの造り手も

考える事をしない人が多いのには

まったくびっくりなのですが、

普通はこうだという固定観念の部分。

 

その部分の「ものさし」を一度外して、

家族や個人をベースに「法律に抵触しない」部分をきちんと把握しながら

高さ「天井」の距離の部分を・・・・・。

玄関、ホール、廊下、階段、LDK、

リビング、居間、ダイニング、食堂、

キッチン、台所、フリースペース、トイレ、洗面脱衣

浴室、納戸、クローゼット、クローク、パントリー、

土間、玄関収納、書斎・・・etc。

それぞれの価値基準は異なりますよね・・・・・・。

広さもその場所を使う意味も含めて。

 

つまりそういう事なんです。

 

 

デザインの意味を、

低くてよい場所、

高いほうがよい場所

いろいろあってよいのですよね・・・・・。

 

 

天井が低くてよい場所の上に

高いほうがよい場所を持ってくる等すれば、

断面方向の思考と選択デザイン、

場所、空間の構築に対しての

組立ての選択肢が増えてきます。

 

 

特に生活基準となる場所や

それに付随する収納空間は

平面計画上ネックになることが多いため、

断面的な計画性のある設計デザインによる処理が

非常に有効ですから。

 

 

これに、小屋裏収納、ロフトや半地下空間、

段差や塔屋の法的な緩和措置を組み合わせることで、

暮らしの空間レベル、

例えば広大な土地を使ったりする豪邸であったとしても

都市の密集した場所に計画する

狭小住宅だったとしても、

それは考え方の角度と方向性の

デザインの密度と質で奥深さを持ちつつ

合理的に意味のある建築空間が

実現できるのではないでしょうか・・・・・。

 

 

暮らしの質もそういう部分で

上質に変化しますからね。

 

一般的な天井の高さをどのように捉えて

暮らしの価値基準のラインが

どの位置関係にあり

現在のその暮らしがどうであるのかを

丁寧に設計デザインの要素として捉えて

デザインに、間取りに、空間に反映する

設計提案で暮らしの意味を

質よく置き換えてみませんか?

 

 

そういう意味で空間の持つ魅力と

生活環境を引き立てるデザインを

いつも丁寧に意味を深く

提案の途中ですよ・・・・・・。

 

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
#新築 #建て替え #中古住宅 #間取り #相談 #土地取得の相談
#リフォーム #二世帯住宅 #ビフォーアフター #住みやすい家
#ウッドデッキ #シンプルナチュラル #スリット #和風 #シンプル
#純和風 #モダン #和モダン #インテリア #リホームプラン
#住宅 #木の家 #二階建て #平屋 #デザイン #設計 #建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

 

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 質の良い時間を過ごす空間で... | トップ | 今夜のつまみ食いは・・・・・。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事