奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

仕事関係者さんとの夜の会食にて・・・・・建築の設計を考える時間、住宅の設計で大切にしているモノゴトを色々と。

2019年03月31日 | グルメ つまみ食い 夜食

注文住宅・マイホーム・住宅設計

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

仕事関係者さんとの夜の会食にて・・・・・。

 

いつも丁寧に考えている

住まい造りの事色々と・・・・・。

 

家というよりも

「暮らし」と「住む」という事の

本質の部分を。

 

 

そこで育まれるモノゴトでの違い。

そして同時に考えるべき部分・・・・・。

そういう意味で、

住宅を設計するハウスメーカーや

工務店の設計者、

勿論、僕たちのような建築家であったり、

設計やデザインを行う者にとって

必要な能力の一部・・・・・。

 

本当に必要な視点と視界。

 

いくつかありますけど、

ひとつは、現実に即した「デザイン・プラン能力」、

住まい手さん、お客様の

予算帯への調整として「コストコントロ−ル能力」、

工事の為の施工や建築基準法、

都市計画法、宅地造成等規制法、

風致地区条例や、都道府県条例や

市町村条例・・・・・etc。

 

それらを踏まえて規制面での

知識や経験を用いて行なう「監理能力」、

それぞれの能力を使い方と

それを使い円滑に行なうための「コミュニケ−ション能力」が

必要になります。

 

資格を持っていても、

一部ではありますけど、

それらの能力が欠けているのであれば

良い家づくりはできません。

 

しかし、家を建てたいなと考えて

一般の方が建築家にこれらの能力を

ふつうは備えているものだと思いますよね。

でも実はそうではない事も多いというのが事実。

 

ドクター、弁護士、会計士・・・etc。

色々な特別な専門能力が必要な業種がありますけど

どれもがそれに当てはまりますよね。

 

実際の部分はネット情報だけではなく

会って実際に話して見る事、

相談して見る事、

質問して見る事、

デジタルな関係では無くて

アナログですけど

そういうところが大事ですよ。

 

皆さんも経験ありませんか?

評判と実際の違い・・・・・。

 

大切なのは、人としての関わり合いと

資格や表面上のコンサルティング会社が

販売しているノウハウではなくて、

その人から見えてくる部分ですよね。

 

家づくり、大切なモノゴトは

そういうところからスタートですよ。

 

それで変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを

上質に心地からデザインするように。

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、

ご連絡はホームページお問い合わせから。

 

 

---------------------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」

建築設計事務所 建築家 

やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/

住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 暮らしの想像と創造を丁寧に... | トップ | 建築士事務所の開設者がその... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

グルメ つまみ食い 夜食」カテゴリの最新記事