奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしの時間が充実するように、リビングでの過ごし方の価値創造を意識するリビングアクセス階段と連動する暮らし収納計画での設計デザイン・モダンな暮らし。

2021年01月17日 | 設計の事デザインの事

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※吹き抜け空間開放感を一体化させたリビング階段の設計デザイン事例

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

※吹き抜け空間と開放感を一体化させたリビング階段の設計デザイン事例

 

日常的に過ごす時間が

長くなることの多いリビング空間。

※階段下収納とワークスペースを一体化させたリビング階段の設計デザイン事例

 

間取りの要になるも

なりやすいLDK。

 

リビングは現代住宅の「お茶の間」であり

住まいの中心ともいえます。

 

そんなリビングですが、

リビング、ダイニング、キッチンの

間仕切りがない

ワンルーム形式の「オープンLDK」を

計画する事も多く、

また家族構成によって

必要性が異なる「リビング階段」ですが、

それでもLDKを暮らしの中心に

考えた場合に

リビング階段を取り入れるケースも

多くなっています。

 

住み方の基準がそうであるのかどうか?

は重要ですが、

上下階の移動の意味を紐解くと

そうするべき家族構成や

暮らしの時間がそれぞれに

存在している事が「鍵」になりますよ。

 

その他には「和室が隣接したリビング」や

「吹抜けリビング」なども・・・・・。

 

リビング階段とは、

家族が集まるリビングの中に

階段がある間取り。

 

そのため子どもが学校から

帰ってきたときや

遊びに行くときなど、

子どもの出入りが分かりやすく、

コミュニケーションが

取りやすい「キッカケ」となる

仕掛けになるというメリットがあります。

 

しかし、その反面

リビングで暖められた

空気が2階に逃げるため、

暖房の効率が悪いという

デメリットもあります。

 

これは吹抜けリビングも同様です。

 

「形」はもちろん大切ですが、

まずメリットとデメリットを

よく理解して

しっかり対策を練る事も並行して

計画するように・・・・・。

 

ちなみに、

リビングを考える上で

よくありがちなのは収納問題。

 

リビングは家族の

くつろぎの場でもあるので、

それぞれが趣味や

用事を持ち込みます。

 

放っておくとついモノが増え、

いつの間にか散らかり放題に

なりかねませんよ・・・・・。

 

リビングこそ

空間を利用した収納を

充実させておきたいものです。

 

家事の時間と生活の時間を

共有する事になるケースが多い

LDKの場合は特に、

つくり付けの壁収納や

床下収納などの「隠せる収納」を

計画しておくことで

過ごしやすさは

付加価値を高めますよ・・・・・。

 

大切な家族とのリラックスタイムが

程よく快適で

楽しい時間になる

リビングを計画するポイントに

階段と収納の意味の持たせ方を丁寧に。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

ご相談、面談のご希望は

ホームページ「お問い合わせ」から。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 注文住宅に大切な家と間取り... | トップ | (仮称)斜めの壁と移動する... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事