奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

住まいの新築工事・・・現場での「カタチ」も建築工事はひと段落でインテリアデザイン。

2016年05月01日 | (仮称)回遊動線で広く住まいと季を楽しむ

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

ホームページはこちら

やまぐち建築設計室ホームページ

 

住まいの新築工事・・・・現場での「カタチ」も

建築工事はひと段落。

 

(仮称)回遊動線で広く住まいと

季を楽しむ家新築工事。

 

遊び心のある「ロフト下」の「扉」の細工も

終了して「錯覚」を利用した「空間の価値」も

生まれているところ・・・・・。

 

それと連動して「住んでから」の事も

イロイロと調整の途中で、

インテリアの打ち合わせ・・・・・。

 

 

住まい手さんの現在のご自宅にお伺いして

窓際を整える打ち合わせの途中ですよ・・・・・。

 

 

カーテンやブラインド、

プリーツスクリーン、バーチカルブラインド等

ウインドートリートメントのデザインをイロイロと。

 

部屋・・・・空間の雰囲気が

「それ」で随分と変化しますからね・・・・・。

 

単純に内部と屋外を遮るという事では無く、

普段から視界に入る部分として

考えておくことで、日常での印象も

異なりますからね・・・・良い意味で。

 

 

カーテンやブラインドを、

それ単体で考えるのでは無くて、

部屋にその部分の「色」や「模様」、

「素材感」が現れた時に

どのような印象を受けるのかという事を

考えておくように・・・・・。

 

 

それだけで「空間の持つ意味」が変化しますよ。

明るい、暗いだけでは無くて、

デザインとして取り入れる事で

「目線の向く」フォーカルポイントにもなります。

 

 

強調する事での変化を壁に持たせる選択。

 

 

逆に「シンプル」で「壁に馴染む」

セレクトをすると、

空間の一体化がイメージとして生まれますよね。

 

 

そのような役目の意味を考えて

セレクトしておくと「暮らし方」と「趣」にも

対応する事が出来ますからね・・・・・・。

 

そして「模様」も「色」も、

意味を持つという事での「印象」・・・・・。

 

落ち着く色、行動的な気持ちになる色、

そのあたりも「質感」に

関係してきますからね。

 

カーテン、ブラインド等は

単独ではなく、

周囲の色や素材、空間要素との対比など

周辺の要素をどのように「捉えるのか」で

選択が変わりますからね・・・・・・。

 

インテリアのデザイン、設計で、

限られたスペースでの

色の持つ印象は大事ですよ。

それと・・・・・現地での実測と。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/

 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/

新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム 家 新築 デザイン 2階建て

 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 住まいのコト、暮らしの空間... | トップ | 大塚国際美術館と・・・・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)回遊動線で広く住まいと季を楽しむ」カテゴリの最新記事