奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

行政との話をして、その後は事務所で設計図を・・・・・。

2008年10月21日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

10月21日、火曜日・・・。

 

今日も一日奈良は晴れていました。

明日から天気が下り坂のようですが・・・・・。

 

 

今朝は行政からの電話も多く、

5軒の案件の内容で・・・・・。

 

 

その後は直接、

行政との打ち合わせや相談。

1案件は市街化調整区域での計画なので、

結構調べる事も多い案件です。

 

 

建て替えの計画なのですが、

何度かこの建築家ブログでも紹介した事がある

市街化調整区域という指定を受けている地域は、

建物を建てる事を抑制している地域です。

 

 

基本的には建物を建ててはいけないのですが、

公共建築や、一定の基準を満たしたドライバーの休憩の為の施設や店舗、

コンビニや農業に必要な施設、建物、・・・・・etc。

は建てる事は可能です。

複雑な申請、手続き、そして長期の申請期間は必要ですが・・・・。

 

今回は住宅の建て替えですが、

この場合は、既得権。

 

ある時期以前から建物(住宅)が建っていて、

その建物の建っている敷地の形状等をある時期から変えていない・・・・・。

そして、その他の多くの諸条件が満たされていた場合は、

建て替えが可能となります。

 

 

ある程度資料もそろったので、

今朝はその資料を持って、行政の担当者との諸条件内容の確認。

 

 

地域や対象の建物が建っている土地で、

細かな内容は異なるので、

その都度、諸条件の考え方などは確認し合う事が大切です。

毎回思いますが、結構事前の相談に時間の必要な作業です。

 

 

でもこの事前の作業を疎かにすると、

みなさんも一度は耳にしたこともあると思いますが、

建築確認が・・・・・・・・・。

 

 

 

受付できない・・・・・・なんて事も。

 

 

 

こういう事務的な仕事も建築家の仕事の一部。

 

 

奈良 建築家 建築士 設計士 家 住宅 設計事務所 やまぐち建築設計室

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 午後からの建築家の仕事は、... | トップ | 建築家 の一日、設計事務所の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

建築家 設計の仕事 監理の仕事」カテゴリの最新記事