奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

設計デザインの価値と効能は家の中だけではなくて風景を取り込む範囲と実用性、暮らしの空間として庭の存在で暮らしの価値向上は変化しますよ、過ごし方の違いは庭にも存在しますから。

2021年04月06日 | 設計の事デザインの事

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

 

※過去に手掛けた庭・エクステリアデザインの提案事例(庭の存在価値連動)

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

 

以前に手掛けた

庭プランですが

家時間が多くなる事になった

昨今では

社会情勢も家庭環境も

仕事との連動も

家での生活スタイルの変化が

色々あるかと思います。

 

この住まいと

外構計画を手掛けていた

今から10年以上前の当時は

SOHO住宅の趣が大きく

「リラックスして仕事が出来る家時間」

というコンセプトで

この住まいの外構計画を

練っていましたが

今回ご相談中の方も

もそんな思考と志向趣味嗜好で

談笑中ですよ・・・・・。

 

外側の暮らしとの連動も

住まいのプランと

融合させて大切に。

 

暮らしのスタイル・・・・・・。

 

外空間との融合は

毎回の課題ですが

見える風景、

見せる風景と共に

実用性の範囲。

 

外構、庭をどんな風に捉えて

暮らすのか?

そして愛でるのか?

 

外側の緑を取り込み

眺める風景、寄り添う風景として

庭をつくりだす事で

四季折々で移ろう緑が

暮らしに潤いを与えてくれるように。

 

BBQスペースや

テラス、アプローチ

ウッドデッキには

構成素材とそこで眺める

風景の一部にも感覚が連動する

手触りを楽しめるように

緩急をデザインして

使うシーンで別物として

感触を楽しむ仕掛けに

部材を調整したり・・・・etc。

 

単純にカタチとしての庭を

デザインしてつくり出すのではなくて

暮らしの一部として「部屋のようなスタイル」を

随所に盛り込む仕掛け。

 

それにより「使う外側空間」として

成立する様に・・・・・。

 

使わないよりも使う方が

空間の価値は拡張しますよ。

 

そこに空間を

つくりだす目的は何ですか?

 

暮らしのアイテムとして

庭が存在する。

それによって暮らしの価値が

拡張するる外側と内側のWINWIN。

 

建物の内側だけが価値ではありませんよ

内側にも外側にも

空間が存在していたのしても

価値を生み出せるのかどうか?

 

その部分、重要ですから。

無用の長物ではありませんよね、

外側の空間として

庭の存在は・・・・・・。

 

でも実際には

憧れだけでデザインしたり

家の内部空間と外側の空間の

本当の意味を解読していない家になると

無用の長物としての

家や庭が多いのは事実。

 

外と中の意味

本当のところを考えていますか?

 

暮らしの本質分析を

庭にもきちんと連動させる・・・・・・・。

皆さんの自宅、

この部分をデザインの基礎に

していますか?

 

良い意味で暮らしに影響があるように、

そして、

そんな場所を

設計で整えるように・・・・・。

 

ご相談、面談のご希望は

ホームページ「お問い合わせ」から。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office


コメント   この記事についてブログを書く
« 暮らし方の価値観とデザイン... | トップ | (仮称)吹抜とライブラリー... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事