奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

中庭・坪庭・テラスで狭小地や住宅密集地、広い家であっても快適性と開放感、設計とデザインでプライバシー、庭を楽しく過ごす事が出来るアウトドアリビング空間へ。

2019年07月09日 | 家 住まい 間取り プラン

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※中庭のある家空間デザイン提案CG事例

 

 

光と風を拡張性を感じる事が出来る

中庭や坪庭のレイアウト・・・・・・。

 

窓を出来る限り床と外側とで連続させて

採光や通風に不安のある場所に

外側の要素を取り入れるように

設計デザインの工夫を落とし込む建築空間。

 

狭小地や住宅密集地での難点や

広い敷地であっても、

プライバシーを保ちつつ

開放感を維持する事の出来るように。

 

建物内部に中庭を計画すると

多くの部屋で自然採光を

取り入れる事が出来たり、

人目を気にせずに庭での開放感を満喫して

大きくて広い窓を使う事が出来たり・・・・・etc。

 

快適性を保ちつつ十分な開放性を

理想的に満喫する事が出来るように。

 

中庭を計画する分、物理的な建物内部の広さは

少し狭くなる事もありますが、

逆の意味で「その分」窓と外の連続性が

活用出来る設計の工夫を施せば

圧迫感もありませんし、

むしろ・・・・・外側の贅沢空間を

アウトドアリビングとして

部屋の一部に取り込んだ

使い勝手も自由度として取り入れる事が出来ますよね。

 

中庭までいかなくても、

玄関の脇やバスルームの外側に

中さな坪庭を設けただけで

季節の風情や開放感を

楽しむポイントが生まれますよ。

 

暗さと明るさの対比もまた、

開放感と居心地を生み出す

空間の魅力として取り入れる事が

出来ますからね・・・・・・。

 

窓の外の空間を室内に取り入れてみませんか?

 

建築場所(土地)や周辺事情によって

設計の手法もデザインも違いがあり、

問題解決へつながる提案がありますよ。

 

生活環境を整えるという事は

そういう事・・・・・。

 

場所の価値の理想と現実を

イメージしながら暮らしの価値観を丁寧に。

 

 

Produce Your Dream>>>>>-------------------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「明日の暮らしを設計する/建築と住まいとその暮らしを豊かに」

URL(ホームページ) http://www.y-kenchiku.jp/

-------------------------------------------<<<<<Yamaguchi Architect Office

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 段差を活用する事で部屋空間... | トップ | (仮称)古民家と和モダン・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家 住まい 間取り プラン」カテゴリの最新記事