奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしの時間を過ごす場所の価値を意識する事は大切、日常的な行動範囲とバックヤード的な機能との両立、居心地よ良さは暮らし方によって変化します自由度のあるデザイン設計の感度で。

2021年02月22日 | 暮らしの事イロイロ

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※洗面化粧台・LIXILルミシス採用事例(ワンボールカウンター拡張型)

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

※家族それぞれの着替えやバスルーム使用時の備品類収納をフレキシブルにレイアウトした収納計画

 

住まいの間取りや

インテリアを考える際に

LDKや寝室などを中心にお話しが

進むケースは多いですが

実際のところ、

家全体を考える事が最終的な

暮らしの心地に直結するので

僕は家事の事も日常的な過ごし方の事も

暮らしのバックヤードの範囲も含めて

前面に全体的に押し出しながら

打ち合わせをしています・・・・・。

 

例えば、多くの場合、

洗面室は浴室の横に配置され、

脱衣室としてや

ランドリースペースとしても

利用されます。

 

大体1坪なんて話し方が

多くなるのかもしれませんが

何故1坪か、1坪で良い理由・・・・・。

逆に1坪で悪い理由を整理しながら

本質的な暮らしの中に

落とし込むようにしていますよ。

 

勿論個別の部屋にするべきか

ホテルや海外のように

連続した一体空間にするべきか?

を含めて・・・・・・。

 

狭い空間には

洗面、脱衣、洗濯、

収納スペースが詰め込まれ、

行為として

顔を洗う、化粧をする、

服を脱ぐ、洗濯をする、

収納するといった

暮らしに直結した場所なのに、

実際はプラン検討の際に

意外と後まわしにされがちでは?。

 

しかし、家族構成によっては

使用頻度や使うタイミングが異なり、

求めるべき必要な機能も

人それぞれなので、

十分に検討しておかないと

「ドライヤーの置き場所がない」

「コンセントの数が足りない」

「洗濯洗剤などをストックする場所が足りない」

「着替えの際に体が壁にあたる」

といった不自由を

感じることにもなりかねませんよね。

 

そんな洗面脱衣室で

ポイントとなるのが

洗面化粧台の考え方です。

 

洗面化粧台には

「カウンタータイプ」や

「洗面器一体タイプ」と

いったものがあります。

 

カウンタータイプは

空間に合わせて自由に選び、

組み合わせることが得意です。

 

一方の洗面器一体タイプは

比較的コンパクトで、

価格が手ごろなものが

多いことが魅力・・・・。

 

化粧やヘアドライヤー、

ひげそりはどこでするのか、

家族が多い場合には

朝の洗面ラッシュに対応できるのかなど、

家族の行動を客観的に振り返って

プランを考えたいものです。

 

また脱衣室を兼ねる場合には、

バスタオルや下着の置き場所が

どういった行動範囲内に

必要になるかもしれません。

 

さらに見落としがちなのは

換気です。

 

お風呂から人が出た瞬間、

お風呂の湿気は

一気に洗面脱衣室に流れ込みます。

 

ですから浴室だけでなく

洗面脱衣室も、

窓や換気設備で

湿気対策をしておくことが大切です。

 

勿論「空間」・・・部屋を構成する

部材や素材にも配慮の設計は大事で

個々に価値観と使い方を

意識しながら。

 

機能的でありながら

オシャレな時間も

損しないように

そんな場所として考える事も大切。

 

機能とオシャレと使い勝手の範囲。

 

具体的な生活シーンを

想像しながらプランを現実的に

検討する事で、

暮らし始めてからの

使い勝手が変わりますよ。

 

過ごす時間の価値と心地は

日常的にどんな暮らしのシーンが

そこに存在しているのか?

を紐解く事を大切に・・・・・・。

 

どこを見て計画するべきか?

 

重要性が存在してる事に

気付くと思いますよ。

 

日常を暮らしにデザインする事。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office


コメント   この記事についてブログを書く
« 暮らしの空間に程よさをレイ... | トップ | 収納や家具レイアウトと暮ら... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

暮らしの事イロイロ」カテゴリの最新記事