奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事から外構(庭園)門屋のある風景をデザイン設計した外構工事がスタート、風景を心地よくすることでの一体感とLDKからの眺め、庭園の心地

2019年04月14日 | (仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のある

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※道路側から見たイメージデザインCG

 

 

(仮称)おおらかに暮らしを包み込む数寄屋の家新築工事

建物、建築本体工事を引き渡し後に、

建物の身なりを整える「外構」・・・庭工事が始まりました。

※実際の外構工事着手前の状態で道路からの全景

 

設計図とデザイン時のイメージ図(パース)から

整えつつ・・・庭の奥行をリアル化。

 

※外構・庭計画設計図

※和風・数寄屋の門屋設計図

 

 

※完成済みのご自宅ダイニングでの外構計画の打ち合わせ

 

色々と建物設計当時からのイメージを

整理しつつ、並行に進んでいた内容を

実際に室内からじっくりと眺めながら

寛ぎながら、朝、昼、晩と眺めながら

計画段階での内容を「再確認」しながら

進めていた内容でほぼOKだったので、

それを再度表現してイメージして

門屋のバランスも整えて

アプローチの整理からの外構工事着工です。

※外構工事に着手

 

室内からの風景としての庭、

そして建物と一体として

見える風景の一部としての佇まい・・・・・。

※周囲を囲む塀の工事中

 

暮らしを本当の意味で包み込む

器の一部としての庭の存在をデザインしていますよ。

 

数寄屋の特徴を活かしながら

塀と風景のバランス・・・・・。

そして仕上げの特徴を丁寧に。

暮らしの充実感は、視界に入り込む「庭」で

大きく異なりますからね。

 

遠近法を取り入れる事で「サイズ感の錯覚」も

庭には設計していますよ。

見たい風景と見える風景を開放角度で調整して

左右の比率と奥行を技法で整えて

現場でのカタチは進みますよ。

和風の庭、和風庭園・・・・・日本庭園。

様々な呼び名はありますけど、

和風の暮らしを整えるデザインも散りばめて

サンプルも設計時の選択の素材を

実際に外の光に当てながら

それ単体で決めるのではなくて

それぞれのパーツの複合体を

イメージして最終決定の途中・・・・・。

コンクリート化粧ブロックの選定

 

バーベキュー広場も様々な意味で

フレキシブルに、可変性を整えていますよ。

 

コンクリート化粧ブロックの選定

 

自由度がある事で固定化しないサイズ感。

そういう拡張性が

暮らしの質感と安心感と充実感を

満足させますからね。

※建物の外部巾木仕上げとの連動性・サンプル帳での確認

 

状況に応じた環境と

暮らしの設計をイメージしながら

毎日の暮らしを考えてみませんか?

 

それで変わる「モノゴト」を

丁寧に考えながら

住まいの設計と暮らしのカタチを

上質に心地からデザインするように。

 

注文住宅の設計デザイン・ご相談、

ご連絡はホームページお問い合わせから。 

---------------------------------------------------

建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」

建築設計事務所 建築家 ・奈良県 建築家 建築士 設計事務所

やまぐち建築設計室ホームページ  http://www.y-kenchiku.jp/

住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ

-------------------------------------------------------------------

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 生活の基準と環境を考えて間... | トップ | 古民家風ゲストハウス新築工... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)郊外に佇む借景とアウトドア空間のある」カテゴリの最新記事