奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

エレガントでラグジュアリーな空間・カーテンとガラスブロックの魅力で設計デザインの工夫・・・魅力と心地よさの居心地ある寝室・ベッドルーム。

2020年09月13日 | 設計の事デザインの事

設計とデザインのチカラで

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

 

※過去の設計デザイン事例(夫婦寝室)

壁面を彩るように窓以外の範囲の壁の部分にもカーテンを設置して

窓の代わりにガラスブロックを使い光を取り入れて印象をデザイン

 ※建物外部から見たガラスブロックパターンの割り付け・裏表をしっかり検討するデザインが大切

 

 皆さんは何の為に家を建てるのですか?

家を建てる事が目的ですか?

それとも家を建てる事によって

得る事の出来る「何か」ですか?。

 

住まいの空間に

ガラスやニッチなどのワンポイントがあると、

生活に彩りが生まれますよ・・・・・。

 

シンプルにスッキリが心地よい

という空間があるのと同時に

エレガントに、シックに、ラグジュアリーに・・・・etc。

 

様々な価値観の融合で

暮らしの空間は異なってきます。

 

窓は光や風、景色などを

とり入れることのできるものですが、

自然光のもつ明るさや温度、

色によって

空間の印象は大きく変わりますよね。

 

大きな窓から必要な光量が入ればよい

というのではなくて、

光の操作によって

それぞれの場が魅力的になり、

日々の生活の中で

小さな気付きがおこるような

きっかけとなっていく事も

デザインの魅力であり

設計が生み出す

空間の質だったりしますから。

 

住まいを計画する土地(敷地)によっては

隣家がせまっていたり、

人目が気になったりと、

敷地条件によっては

都合よく大きな開口を取れないこともあります。

 

そうした状況も踏まえて、

光の入る要素や

風景のように魅せるアイコン等

例えばですが・・・・・。

 

ガラスブロックなどに色を与えて

壁面を彩る仕掛け、

視界を遮りながら明るさを取り入れつつ

室内の風景を心地よく生み出す仕掛けを

考えたり・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

過ごす環境と

空間が生み出す意味を丁寧に。

 

良い意味での暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

雰囲気を味わう空間となる事で

過ごす時間の豊かさをデザインしていますよ。

 

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 住み心地のカタチと価値観の... | トップ | 暮らしに対する愛情のある家... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事