奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

住いの設計、住宅新築工事の途中・・・・・壁につくる「隙間」スリットで見える範囲を。

2016年04月13日 | (仮称)回遊動線で広く住まいと季を楽しむ

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

ホームページはこちら→やまぐち建築設計室ホームページ

 

 

住いの設計、住宅新築工事の途中・・・・・。

(仮称)回遊動線で広く住まいと季を楽しむ家。

 

 

現場でのカタチを生み出す過程・・・・・・。

一つ一つが「カタチ」になっていく途中ですよ。

 

 

玄関近くの壁としての「障壁」にも

カタチを「奥の壁」とは少し変えた「スリット」を

造っています。

 

奥の「障壁」が細長いスリットで

こちらのスリットは「正方形」のスリット。

これにも「意味」がありますよ。

 

 

隙間の範囲で変わる感覚の部分と「見える部分」での違い。

外部からの視線と内部からの視線で

変化を与えているので・・・・・。

 

 

視界をつくるという意味での「隙間」の役目もあるんです。

その際の「範囲」を変える事で

スリットの「意味」も変わるんですよ。

 

 

そして「その壁単体」を視界に入れた場合の事も。

心地よさも合わせて・・・・・・。

視界をデザインする事と同時に

「壁の種類と場所」に合わせて

カタチを変えるという事の差で、

住まいを心地よく考えてデザインです。

 

範囲で雰囲気が変化するという事もデザインの視野に。

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/

 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/

新築・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム 家 新築 デザイン 2階建て

 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 住まいのコト・・・・・思考... | トップ | 今夜は住まい手OBさんと一緒... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

(仮称)回遊動線で広く住まいと季を楽しむ」カテゴリの最新記事