奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計のなかでの「暮らしの事」・「収納の事」イロイロ

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで暮らしの設計・新築・リフォームをデザイン中です。

リリシズム・・・・叙情性を建築の空間として落とし込むという部分での思考にも色々と設計デザインの持つ意味・・・・・。

2017年04月23日 | 設計の事デザインの事

 

 

住宅設計・デザイン・お問い合わせ・ご相談

建築家・山口哲央のホームページの検索へ

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

※設計検討模型

 

 

建築を考える時、

いつも思うことがあります・・・・・。

 

 

場所が生み出す叙情という価値。

 

 

建築にとって必要な機能・性能を

備えることはもちろんですが、

それが結果として

叙情性を湛えるものであれば

なおよいと・・・・・。

 

 

常にコストと敷地や法の制約の中で

必要条件としての前者を得る為に

デザイン設計の価値を投入しています、

しかしそれだけでは暮らしそのものが持つ

ゆとりが満足出来ない部分。

 

 

リリシズムという価値。

暮らしという行為そのものに対して

場所の付加価値。

そこにエッセンスとして

欲しいのです・・・・・。

 

 

僕は建築家として、

ちょっと贅沢にそういう部分を意識します。

 

 

それが住まい手さんの暮らしの為に

なる部分であればある程に・・・・・。

 

 

そして暮らしの場所は価値観の具合にもより

変化しますが、暮らしの場所は

もっと楽しくなっていいと思うんです。

 

 

例えば・・・・狭い空間を

わざわざ区切って更に狭く圧迫感を演出しないように、

目的や用途が場所の価値を変えますから

その部分を意識してデザインする事で

解決できる策もあると思うんです。

 

 

まとめればもっと広く便利になる。

また、外部空間との連携を強くすれば

更に空間は気持ちがいい場所へと進化します。

でも「ここ」は人によって

受け止めが違う部分でもありますからね。

そこが価値観という部分。

 

 

快感を考える水平ラインが何処にあるのかを

感じ取り磨く部分も大事。

つまり設計とはそういう部分を

デザインしていくことですよ・・・・・・。

 

 

 

Produce Your Dream>>>>>>>>>>>>>---------------------
建て主目線+αの提案・・・「建築と住まい手とその暮らしを豊かに」
建築設計事務所 建築家 やまぐち建築設計室ホームページ 
http://www.y-kenchiku.jp/
 住まいのご相談「ご依頼」はお気軽にホームページからどうぞ
「無料相談のお申込み・御相談・問い合わせ」
http://www.y-kenchiku.jp/
・建て替え・中古住宅・間取りのご相談土地取得の相談
リフォーム 二世帯住宅・ビフォーアフター・住みやすい家
ウッドデッキ シンプルナチュラル スリット 和風 シンプル
純和風 モダン 和モダン インテリア リホームプラン
住宅 木の家 二階建て 平屋 デザイン 設計 建築家のリフォーム
「住まいを設計するという事は暮らし方を設計するという事」
木の家・設計・建築家・建築士・設計家・奈良県・橿原市・新築
奈良 中古住宅 リフォーム リノベーション 家 新築 平屋住宅
デザイン 2階建て 豪邸 高級住宅 建築家の設計デザイン 豪邸設計
狭小住宅 数寄屋住宅 設計デザインのお問い合わせ、ご依頼はホームページお問い合わせから
 --------------------------------------------------<<<<<<<<<

 

 

 

ジャンル:
アクセスアップ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今夜は「橿原アトリエ」での... | トップ | 住まいの設計とデザイン・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

設計の事デザインの事」カテゴリの最新記事