奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしの空間を照明で彩りとインテリアの工夫で過ごし方を豊かにデザインする設計の効能と効果・・・・間接照明の工夫で空間の魅力は気持ちに語りかけるように心地よく。

2021年01月03日 | 設計の事デザインの事

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※玄関ホールから廊下で間接照明を活用しデザインで奥行きをつくりだした設計事例

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

 

 

照明計画の手法で

空間の彩りも暮らしの心地も

大きく変化しますよ。

 

インテリアの一つとしても

活用される事も多いですが、

ポイントさえ押さえておけば、

照明を上手に使うことができれば、

光の空間を操ることが出来ますよ。

 

そんな間接照明のメリットにも色々と。

 

まず、間接照明というのは、

一般的なライトと違い、

光を直接部屋に当てるものではなく、

壁や天井などに反射させて

その周りを照らすものです。

 

これにより、

直接照明のように

部屋全体を照らすものではなく、

あくまでも補助的な照明となるのです。

 

つまり、直接照明は

生活に欠かせないあかりで、

作業効率を上げる効果がありますが、

間接照明は補助的に

柔らかい光を部屋にともす

照明としての機能と効能があります。

 

間接照明の一番のメリットとしては、

柔らかい光をともすことによる

リラックス効果が

得られることです。

 

間接照明のある

おしゃれなレストランやホテル、

旅館などで、

なんとも心地よい雰囲気を

味わえたという経験を

したことがある人も

多いのではないでしょうか。

 

このリラックス効果は

集中力を高めたり、

快眠効果もあると言われています。

 

また、間接照明を使うことで、

視線を誘導するという

効果も存在します・・・・・。

 

人間の目は、

暗い所より明るいところに

目線を配るという特徴があります。

 

例えば、観葉植物や

美術品などに

照明を当てることで、

視線をその場所に向けることができ、

お気に入りの「インテリア」や「ポイント」を

強調できることになるのです。

 

逆に、あまり見られたくないところ

印象を薄めたい部分を

暗くしておくというのも

一つの照明を操るコツ・・・・・。

 

来客の際に

この効果を使うことで、

部屋が一層おしゃれに、

きれいに見えるようデザインを

施す事も可能になりますよ。

 

そして、もう一つのメリットとして、

部屋を広く感じさせる

効果が出るというものがあります。

 

間接照明で部屋に影を作ることで、

殺風景な部屋でも

空間にメリハリができ、

壁や天井を照らすことで

立体感のある部屋になります。

 

特に壁と家具の隙間を照らすと

奥行きがあるように感じることができ、

天井を高く、

部屋に広がりを感じることができます。

 

例えば、テレビの背面などは

どの家庭でも隙間があるものですよね。

 

ここに間接照明を

壁側に向かって照らすと、

光が横に広がって見え、

奥行きを感じることができます。

 

他にも、寝室のベッドと

床の間に照明が

配置できるようなベッドの形だと、

その隙間に照明を置くこともできます。

 

間接照明を部屋へ上手に

取り入れるコツは

メリハリをうまく操るという知識。

 

暗くなりすぎたり、

明るくなりすぎたりと

失敗しないために

まずは身近にあるデスクランプなどで

イメージしてみるのも

良いと思いますよ・・・・・。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント