奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしをデザインする設計の仕事・・・・間取りだけではなくて暮らしの質と人の暮らしを丁寧に。

2021年01月02日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

設計とデザインのチカラで

注文住宅独特の

暮らしの空間を上質に整えてみませんか?

やまぐち建築設計室ホームページ 

※設計デザイン中の住まいのリノベーション空間・リビング提案デザイン設計CG

 

よく考えられた家を建てると

暮らしが楽しくなる・・・・・。

 

既成概念に囚われず、

シンプルに、それでいて多様的に、

より良い建築という場所であり

人が過ごす時間を造り出す。

 

これが僕たち

「建築家」の仕事です。

 

これから家づくりを始められる方は、

「自分らしい暮らしがしたい」と

考えられていることと思います。

 

ですが、進め方が分からなかったり、

ご自宅のポストに投げ込まれた

広告の間取り図や

ネット上、SNSを見て

「住宅なんてこんなもの」と

思われている方が

とても多いように感じます。

 

子供がのびのびと遊べるリビング、

光と風をたっぷり取り入れる中庭、

隠れ家みたいな書斎・・・・・。

 

カタチと暮らしがどんな風に

連動するのか?

 

具体的な希望であったり、

言葉では表現できないけど

潜在的に心の中にある

要望や暮らしてきた生活の文化

というものがきっとあるはずです。

 

住まいとは、

「出来あいの間取りに生活を合わせる」

のではなく、

「住まいを自分たちに合わせてつくる」

これが自然な家づくりのカタチ。

 

そう度々ではない家づくり、

じっくりと対話をして

住まいを冷静に「どんな場所」として

考えて行くのか?

 

真面目にそして少し先の未来を

考えながら

喜怒哀楽に寄り添うすまいとなるように。

 

簡単に家づくりを進めると

どんな未来が待っているのか?

 

深く掘り下げていない

暮らしの表面だけを

切り取った住まいのその先は

不協和音の暮らしが

待っていますからね・・・・・。

 

セレクトハウスではなくて

キチンと注文住宅を考える場合は

楽しく住まいづくりに

取り組んでいただけるよう、

未来のカタチをイメージしますよ。

 

さまざまな想いや夢と同時に

キチンと現実の暮らしを計算しながら

見せかけのイメージでは無い

暮らしの本分を丁寧に具現化する

設計とデザインの価値での

魔法のかけ方を・・・・・・。

 

暮らしの本当を

キチンとデザインすること。

 

住み方のデザインは

人生を変えますよね、

劇的に・・・・・。

 

良い意味で暮らしに影響がある

そんな場所にデザインして

設計で整えるように・・・・・。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

 

 

コメント