奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

暮らしのデザインと空間構成・・・間取りと同時に家具、インテリアのイメージとデザイン設計で変化する毎日の居心地の事を丁寧に考えてみませんか?家具選択での暮らしの違い。

2019年10月07日 | 家 住まい 間取り プラン

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

 

毎日の暮らしの空間にインテリアの価値。

過ごす時間に違いが生まれますよね・・・・・。

 

「リビングのおすすめインテリアを教えて欲しい。」

「新居に引っ越ししようと考えてるがインテリアが難しい」

そのような思いはお持ちの方は住まい手さん以外にも

ご相談が良よくあります・・・・・。

 

新築させていただいたご近所の方や

blogの読者の方など。

 

模様替えについての相談等も。

 

新居に引っ越しをする

経験があまりなかったり

インテリアを決めるのが

苦手な方もたくさんいられます。

 

そして、様々なインテリアがあるので

たくさん悩んでしまうのが事実です。

 

そういう事を視野に、

リビングに置いたりすると良い

おすすめのインテリア計画を・・・・・。。

色の統一感は大切です。

バランスを崩すデザインを行う場合でも

それは同じですよ。

 

要するに、最初に考えないといけないのが

どんな雰囲気の部屋にするかです。

 

色を統一することによって

きちんとした部屋に見えたり

綺麗に見える相乗効果があります。

 

それ以外にも様々な色の配色で

色んな楽しみ方ができます。

 

ですが、原則合わない色同士も

存在しますので、

それは建築空間の基礎イメージとも

同調する部分ですから、

じっくり調べて部屋の雰囲気を考えることが大切ですよ。

 

そして・・・・・。

テレビは、壁に引っ付けたり

壁の中に埋め込まない限り

案外幅を取ってしまいます。

 

ですので、大きいテレビで見たいと

理想が先にいってしまい

大きすぎるテレビを買うと

後悔することが多いですよ・・・・・。

 

テレビをどこから見ることが多くなるのか?。

その距離で適切な大きさなのか?

サイズ感は邪魔にはならないかを

検討して選ぶように。

 

 

そしてインテリアとしてLDK空間で

一番気になるソファーなどの家具。

空間によりますが、

L時型の大きなソファーが

おススメだったりします・・・・・。

 

お子さんがいらっしゃる家庭に

特におすすめですよ。

 

皆さんでワイワイソファーに座りながら

団らんや家庭パーティーを楽しんだり、

テレビを一緒に見るのに向いていますから。

 

少し幅を取ってしまうのが難点ですが、

家族皆さんでゆったりするにはぴったりです。

そのあたりは、建築計画時から

じっくり間取りと動線、スペースの空き具合を

計算すれば大丈夫ですから・・・・・。

そして建築空間を彩る設備。

照明を適度に増やすという事。

 

インテリアを良く見せるには

照明計画が大切です。

 

元々注文住宅でしたら

その時点で計画性を考えて「レイアウト」と「選択」を

提案させていただいています。

場所の価値を底上げするように、

昇華させる意味で・・・・・。

 

勿論・・・後からつけることも可能です。

 

カラフルな色を出す照明や

気分に合わせて色を変えることができる照明など

たくさんの種類があります。

 

特にリビングでは生活の

大半を過ごすと思いますので、

色んな気分や

その時の雰囲気で

性格を変える事の出来る照明や

ライトコントロールのプログラムが可能な

計画がおすすめですよ・・・・・。

 

皆さんがインテリアを考える上で

参考になれば幸いです。

自分にあった最高のインテリア探せることを願っております。

 

暮らしの空間を体験するという

付加価値の提案デザインと

ソフト面、ハード面での心地を

建築へ・・・そして人への提案です。

 

日常をデザインした暮らしの空間を

丁寧に味わってみませんか?。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント