奈良県 建築家が感じる設計事務所の家づくり日記、住まいの設計や住宅設計、注文住宅、注文建築、暮らしの事、収納の事

自宅建築時は建築家・建て主双方の立場を経験、専門家目線と建て主目線+αで注文住宅・設計・新築・リフォーム、デザイン提案。

建築家の仕事と思考の一部・・・暮らしを支える場所の工程と根底を設計デザインするように、イメージの中にあるべき暮らしの要素を整理整頓しながら暮らしと場所の家を心地よく。

2019年08月07日 | 建築家 設計の仕事 監理の仕事

注文住宅・マイホーム・住宅設計・見取り図・間取り図

デザイン・インテリア・お問い合わせ・ご相談

やまぐち建築設計室ホームページ

http://www.y-kenchiku.jp/

※トーヨーキッチンスタイルSRでの価値観と意識の提案中

 

暮らしの空間に、

少しの驚きと感動を呼ぶような

空間づくりとなるように・・・・・。

 

家は、さまざまな条件により、

設計やデザインと言う知恵や工夫を

駆使し・・・そして現場でそれを

具現化する事で出来上がります。

 

この計画の為の条件(ライフスタイル・家族構成・立地条件etc.)に

誠心誠意向き合い、

時代の感覚を捉えた文化的な

生活空間を提案をするのが、

建築家の設計やデザインという仕事です。

 

豊かにそして価値のある時間を

住まい手さんご家族や

建築を使う人々、

そして視界に入る周辺として・・・・・。

 

過ごしていただく空間を創作するのに必要なのは、

他の人には違う事も有るかも知れないけれど、

クライアント(依頼者)それぞれの、

自分が好きなもの・・・・・「個性」だと思います。

 

大切な「個性的な自分らしい家」だから、

難しい事も、

手間のかかる事も、

クライアント(依頼者)と

一緒にその為の価値ある

時間を過ごしながら意識をデザインしていけば、

その人らしい良いデザインも生まれて来ます。

 

打ち合わせとして

楽しい事や都合の良い事だけでは無くて

言いづらい話をしたり、

お互いの信頼関係を深めていくプロセスが、

とても大事だと考えていますよ。

 

その時間を過ごして

打ち合わせを重ねる事で

出来上がる住まいの空間が大事だと・・・・・。

 

それによっておよぼす家族への

良い意味での影響を。

デザインするのは、

建築家である前に、

人間性豊かな誠実な人でありたいと思っています。

 

そして、プロとして、

大切なクライアントに贈りたい

「少しの驚きと感動」のある

クライアントにとって「自分らしい家」を

デザインするために・・・・・。

 

「ひらめき」や「柔軟さ」に

その部分と意識を丁寧に。

 

住宅の設計はやさしく、

やわらかく、あたたかく、

そして美しい空間づくり

となるところへ着地するように・・・・・。

 

家は、毎日、戻ってくる場所です。

家は、そこに住む人たちの

雰囲気・会話・関係を生み出すために、

大切な役割を持っている場所ですから

過ごすその時間と空間が

家族の形成には大事なんだと

思いますよ・・・・・。

 

その家に居る事で、

居心地が良く、

あたたかな気持ちになれるような

家づくりを心がけていますから。

 

ある種・・・点の集まりが線となり、

面となり立体的な空間になるまでに

たくさんの要素として

クライアントの「声」と「感覚」、

そして「生活」を頂かなくては

それは・・・・・成り立ちません。

 

そして、頂いた大切な「それら」を

丁寧に表現するように。

 

そういった構図をイメージしながら

暮らしの風景をデザインの内側と外側に

エッセンスとして・・・・・。

 

建築と暮らしの周辺を意識する事の

大切さをイメージの中に。

 

Produce Your Dream>>>>>

建て主目線+αの提案・・・・・。

明日の暮らしを設計する

建築と住まいとその暮らしを豊かに

URL(ホームページ)

http://www.y-kenchiku.jp/

<<<Yamaguchi Architect Office

コメント